経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

米中間選挙で共和党が圧勝 16年大統領選はどうなる!?

津山恵子のニューヨークレポート

オバマの政権運営はさらに困難に

 11月4日に行われた米国の中間選挙は、オバマ大統領をとことん追い詰めた共和党が圧勝した。5日早朝現在、注目されていた上院(定数100議席)で、共和党が52議席を確保し、民主党を逆転して過半数を奪った。共和党は下院でも過半数を維持し、議席を加えた。

 上下両院を共和党が支配するワシントンで、オバマ大統領は残りの任期2年の政策遂行が一段と苦しいものになりそうだ。「レーム・ダック」、つまり機能停止状態といわれる政権末期に突入することを、今回の選挙は確実なものにしてしまった。

 こうした事態を避けるため、リベラル派や民主党も必死で、上院議席や州知事をめぐる激戦州では接戦の闘いが続いた。

 選挙が熾烈を極めているかどうかは、民主・共和両党から届くメールの量でも分かる。ライバルに勝つため、選挙資金の寄付を求めたり、「フォーンバンク」と呼ばれる電話作戦への参加を求めたりするものだ。

 ムーブ・オンと呼ばれる市民運動グループは、上院議席改選がなく動きが少ないニューヨークから、激戦州の有権者500万軒に電話をするという作戦を展開した。ムーブ・オンだけでなく、民主党自身も投開票日前日までに3200万軒、つまり単純計算で全米の家庭の3軒に1軒は電話を入れ、同党への投票を呼び掛けた。

ニューヨーク市内の公立校に設けられた投票所。

ニューヨーク市内の公立校に設けられた投票所。父母ボランティアがスナック菓子を販売し、投票を呼び掛けている(撮影/筆者)

 こうした激しい資金集め争いで、選挙資金の総額は、中間選挙で過去最高となった。資金が多く使われるのはなんといってもテレビCMで、米メディアによると、全米で200万回、支出総額10億ドルに上るCMが放送された。

 苦戦の末、ケンタッキー州で6選を決めた共和党上院院内総務のミッチ・マコネル議員は、勝利宣言で破顔の笑顔でこう言った。

 「有権者にとってのグッド・ニュースは、選挙CMをこれ以上見なくてもいいということだ」

1 2