経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

安倍内閣の大幅改造と大義も争点もない「自分勝手解散・総選挙」の行方

イラスト

辞任ドミノを恐れた安倍内閣の大幅改造

 連休明けの11月4日から永田町に解散話が出始めた。本誌発売時は、衆院選真っただ中だろう。

イラスト/のり

イラスト/のり

 相次ぐ閣僚の「政治とカネ」の問題で国会審議がなかなか進まない中、そして消費税の税率引き上げの判断時期が迫ってきて、景気状況が好転しないまま増税実施の判断をすれば、一気に内閣支持率が急落するからだ。野党の選挙準備がほとんど進められていない中で増税実施時期の先送りをしてその是非を問う形で総選挙に持ち込んでしまえば、自民党の〝負け幅〟は最小限に抑えられるとの判断があるからだ。

 今年9月ごろまでは、来年6月解散、7月総選挙で自民党が勝利し、安倍晋三首相の長期政権確実との見方が大勢を占めていた。それが急に慌てふためくような解散風が吹き荒れたのは、改造人事の失敗が最大の要因だったのだが、なぜ人事に失敗したのか。

 自民党の閣僚経験者の秘書は語る。

 「安倍首相にとって大きな誤算だったのは、5月17日に有名歌手Aが覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕されたことにより、Aが出入りをしていた仁風林の存在がクローズアップされたことでしょう」

 仁風林は、政財界の要人や官僚、さらに親しい芸能人らが懇親会を開いていたとされる施設。安倍首相も野党時代、何度か招かれていた場所だ。

 しかし、問題だったのは、現役閣僚が仁風林に通っていたことだった。前出の秘書は語る。

 「今年2月、安倍首相が夏に改造人事に着手すると語った時、党内では待機組が『次は入閣する』と前のめりになり、くすぶっていた不満も収まりました。いわば、アメをぶら下げて、官邸の力が一層強まったわけです。しかし、順風満帆に進んでいた内閣で、交代するのは3〜5人の小幅、ないしは中規模と見られていました」

 まさか2ケタに及ぶ改造はないとの見方が大勢を占めていたのである。

 しかし、Aの逮捕によって安倍首相の思惑は一気に消し飛んでしまった。

 「仁風林に通っていた現職閣僚は12人いたのです。思い返せば第1次安倍政権時、佐田玄一郎規制改革担当相が政治資金収支報告書の問題で辞任し、柳澤伯夫厚労相が『女性は子どもを生む機械』発言で辞任、松岡利勝農水相の自殺、久間章生防衛相は『原爆投下しょうがない』発言で辞任、松岡氏後任の赤城徳彦農水相も事務所費疑惑で辞任と、〝辞任ドミノ現象〟で末期症状を迎えた。二度と過ちは繰り返さないためにも大幅改造に切り替える必要があったということでしょう」(政治ジャーナリスト)

 実名が挙がった田村憲久前厚労相は国会でも追及され、その他にも小野寺五典前防衛相、茂木敏充前経産相らの名前が取り沙汰された。

 辞任ドミノの怖さを一番よく知る安倍首相が、大幅改造に踏み切ったのは、想像に難くない。

大幅改造でも安倍首相の好き嫌い人事は健在

 しかし、問題は改造人事の内容だった。前出の政治ジャーナリストはこう語る。

 「第1次安倍政権は〝お友達内閣〟と揶揄され、不祥事が起きても党内からは『それ見たことか』と冷笑されました。今回の改造人事は、一見、その反省を踏まえた配慮に富んだ人事のように見えましたが、実はイエスマンを揃えたような人事です。女性登用なら、党内で閣僚として計算できるのは小池百合子元防衛相や野田聖子元郵政相など数少ないのが実情です。ところが、安倍首相の〝好き嫌い人事〟がモロに出た。不祥事が表面化してからの国会答弁もお粗末で、菅義偉官房長官は怒り心頭だと聞いています」

 いわば、安倍首相の人事の甘さ、〝身から出たサビ〟だというのだ。とはいえ、急に解散といっても、国民には分かりにくいだろう。

 「大義もない。政局でもない。このまま行けば、単なる〝自分勝手解散〟だ」

 自民党中堅衆院議員はこう憤る。アベノミクスの成果が出ていないのならば、より一層の政策を投下することによって、国民生活を安定させる方向に腐心すべきだと語る。

 衆院選の過去の投票率を見ると、前回2012年12月の第46回衆院選が59・32%で過去最低だ。大義がなく、争点も見えない選挙で、前回を下回る最低の投票率になったとすれば、国民にとっては血税の無駄遣い以外何ものでもない。

 ますます政治が国民から離れていくのではないか。それだけが心配だ。

 

【永田町ウォッチング】記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る