経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

自己信託のススメ

税務・会計心得帳

 最近になって、「信託」に関する質問をよく受けるようになりました。いよいよ日本も、「信託の時代」に突入しつつあるようです。

 ということで今回は、数ある信託の中でも、特に使い勝手の良い「自己信託」の概要と活用法について説明することにしましょう。

心得1 自己信託とは

 自己信託とは、「委託者自らが受託者となる信託」のことです。

 自己信託では、当事者(委任者)が、管理者(受任者)を兼ねることができます。平たく言いますと、信託の設定後も、本人が管理者となり、その財産の決裁権・裁量権を持つことができるわけです。

 例えば、将来もめそうな財産を自己信託にすることで、受益者の相続人を特定・指定しつつ、生きている間は、当事者(本人)がその財産を自由に管理することができます。この点が、生前贈与と自己信託の大きな違いなのです。

心得2 自己信託は自社株承継にも有効

 自己信託は、自社株を後継者に承継させる際の手段としても有効です。

 例えば、自社株の後継者が決まっている場合も、いきなり譲渡するのではなく、まずは自己信託にします。すると、本人(当事者)が、管理者として議決権を有することになり、経営権をオーナーに残したまま、後継者への株式移転が可能となるのです。

 また、「受益者連続信託」の仕組みを使うと、例えば、「当初の受益者は後継者の子A、子Aが死亡した場合は次の後継者の孫Bが受益者となる」といった指定を行うことができます。

心得3 自己信託の受益者の指定はタイミングを大切に

 自己信託で受益者を指定すると、その時点で資産を移転したと認識され、贈与税が発生します。ですから、資産を移転するタイミングをはかることが非常に重要になります。

 ちなみに、自己信託はよく、認知症になる前、あるいは進行する前に、財産の相続者を特定・指定するための手段(要は、認知症対策)として使われます。その意味でも、タイミングが大切と言えそうです。

 

税務・会計心得帳 本郷孔洋氏の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る