経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

地域に馴染む農業小学校生きる知恵、農体験で養う(長野県須坂市、岐阜県中津川市)

地域再生の現場を行く

須坂の農業小学校、授業は年18回 運営は「農家先生」が主導

「農業小学校」(略称、農小)と呼ぶ耳慣れない名前の私塾が、中部地方でしっかりと根を下ろしている。土に親しむ機会の少ない子どもたちに農体験の場を提供し、農を通じて生きる知恵や豊かな心を養おうというのが活動の狙いだ。活動歴20年の「椛の湖農業小学校」(岐阜県中津川市)は既に1500人もの卒業生を世に送り出している。長野県須坂市や松本市の農小も10年前後の歴史を重ね、地域交流の核に育ってきた。

 上信越自動車道の須坂長野東ICから車で20分、須坂市郊外の自然豊かな豊丘地区が「信州すざか農業小学校豊丘校」の活動舞台である。4月13日に開幕した2013年度の授業は月2回のペースで進み、訪れた8月3日は7回目。この日の授業はトウモロコシ、ジャガイモの収穫とソバの種まきだった。

 13年度の児童数は全部で51人。市内の小学生が中心だ。この日はほぼ全員が保護者と一緒に、集合場所の「そのさとホール」に勢ぞろいした。まずは授業の事前説明だが、絵入りのポスターやQ&A方式を活用するなど工夫を凝らし分かりやすい。

「トウモロコシには毛がいっぱいあるね。これは全部、めしべだよ」とか、「早生のトウモロコシは80日でもう、収穫だよ」とか、「ジャガイモは世界で2千種類もあるんだって」などと説明を受けるたびに、児童の間から驚きの声が上がる。

 この後、児童らは5班に分かれて近くの畑に移動し、トウモロコシとジャガイモの収穫に精を出した。最初は手間取っていた児童が巧みにスコップを操り出し、ジャガイモをどんどん掘り出して行く。「春植えた苗からこんなに多く掘れるなんて」と、あちこちで笑顔が広がる。

 すざか農小の授業は年間で18回。農作業が主体だが、地域の伝統行事に参加したりソバ打ち体験やモノづくりなどに挑戦したりと活動は幅広い。管理主体は同市教育委員会だが、運営は「農家先生」(20人)と呼ばれる地域のボランティア農家が主導している。これを須坂園芸高校と信州大学教育学部の学生が協力している。

「命の大切さが学べる」 椛の湖農業小学校の授業は年9回

 須坂市が農小を開校したのが05年度。小学生を対象に募集しており、定員は原則55人だ。授業料は年3千円で、保護者と一緒に受講するケースが多い。これまでに500人以上の児童がここで学んでいる。

 自ら種をまき、草取りや収穫、さらには販売まで体験するなど、年間を通じた授業なので、観光農園でのリンゴ狩りとは全然違う。授業を重ねるうちに作物の生育具合や自然条件を気にするようになり、農作物への意識が変わる。ある保護者は「野菜などの会話が家庭内でめっきり増えた」と話すが、児童への食育効果は相当、大きいようだ。

 授業は班主体に行う。班は異学年や他地域の児童を組み合わせて構成しており、異学年生と触れ合い仲間づくりができるよう工夫している。農作業のコツを手とり足とり教える農家先生、手助けする大学生や高校生など、日頃接触しない異世代との交流が進むのもここの利点だ。

 効果やメリットはいろいろあるが、小林道夫校長は「命の大切さが学べる。それに、地域の連帯感も養える」と強調する。

 7回目の授業には三木正夫市長をはじめ、副市長や教育次長など市幹部も参加していた。豊丘校の活動を市を挙げて盛り上げようとの印象がうかがえる。

 農小の活動ではずっと先輩なのが椛の湖農業小学校だ。開校は1994年というから、もう20年の歴史を持つ。①入学金は1家族5千円②授業料は月1500円③保険料500円と毎回の食事代500円――という条件で毎年、小学生(定員60人)を募集している。授業は原則として3~11月の間に毎月1回(1日)あり、13年度は73人の児童が9回の授業を受ける。

教師役は年寄り有志20人 管理も運営も民間主導

 授業の舞台は中津川市の標高500㍍の高台にある椛の湖自然公園内にある畑(20㌃)だ。先生役は地元のおじいちゃん、おばあちゃんなどの年寄り有志20人。縦割り編成のグループ単位で授業を進め、グループごとに先生が指導する。「土にまみれて作物を育て、食べ物の大切さを体験し、触れ合いの輪を広げたい」と、事務局長の山内總太郎さんは活動の狙いを語る。

 中津川での農小活動は、須坂とはやり方がかなり違う。第1は行政主導の須坂に対し、中津川は管理も運営も民間主導で行っている点だ。立ち上げたのは地域の農業、醸造業、元教師ら10人の仲間で、70年代初頭に椛の湖の湖畔で開かれた伝説の「中津川フォークジャンボリー」を企画したメンバーたちだ。

 市管理の公園内の農地を借りている以外、資金も人材も行政に頼っていない。会費で運営費を捻出し、地域の有志を募って人材を確保している。

 第2は活動の範囲が広いこと。体験する栽培作物は大根やニンジン、里芋、ヤーコンなど34種類に及ぶ。獲った野菜で郷土料理に挑戦したり餅つき大会や案山子コンクール、宿泊体験に挑戦したりとバラエティーに富む。授業が終わると毎回、女性陣が用意した食事が出る。家に持ち帰れるほどの大量の料理という。

 第3は名古屋など大都会の子どもの参加者が多いことだ。都市と農村との交流拡大を考えての作戦である。「最初に野菜はどこで獲れるかと聞くと、2割近くがスーパーと答える」、「そんな都会の子どもらが農体験を通じて確実に育つのだから」と山内さんは打ち明ける。

 須坂でも中津川でも毎年、児童らの感想文を募り、文集にして配布している。児童の鋭い感性が文集におどっている。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る