経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

ゴルフのスイング 右足の力で飛ばすには左股関節の「受け」が重要

スイング

 右足の力で飛距離アップを図ろうとすることは間違いではない。だが、そこには前提条件がある。その力を適切に上半身の回転に変換することが必要なのだ。その役割は左股関節が果たす。右足自体も「蹴る」とは違う動きであることを理解したい。

右足で蹴った力を左股関節が飛ばす力に変換し理想的なゴルフスイングに

 切り返しですぐに右足で地面を蹴って腰を回し始める……。右足の蹴りと言えば、飛距離を伸ばす重要なファクターと考えられます。しかしこのイメージもダウンスイングのアウトサイド・イン軌道の原因なのです。右足を誤った使い方で「蹴る」ために、右腰、右ヒザが当初の位置よりも前に出て、肩、腕そしてクラブがアウトサイドに押し出されてしまうのです。

 切り返しは下半身リード、しかもまず動きは下に向けます。この段階では回転はまだ始めていません。腰から上はトップの状態をキープしたまま、左足を踏み込むだけです。すると足の動きに引っぱられ、腰も肩も少し戻り、腕とクラブは少し下に下りてきます。

右足つま先で地面を押すと右ヒザと腰が前に出て、クラブ軌道はアウトサイド・インになる。正しい動きはアドレスの位置よりも右ヒザ、右腰が前に出ない。

右足つま先で地面を押すと右ヒザと腰が前に出て、クラブ軌道はアウトサイド・インになる。正しい動きはアドレスの位置よりも右ヒザ、右腰が前に出ない。

 これがダウンスイングの第1段階の終わりの形で、ここから先が第2段階。回転はここで始めるものなのです。

 第1段階では単に左に体重を移すのでなく、確実に左足を踏み込み、同時に左股関節の上に重心を乗せてください。これはしばしば「左股関節が入る」と表現されますが、この状態ができてはじめて腰から上の回転をスタートすることができます。それは、この状態によって左股関節を軸にできるからなのです。

 「背骨を軸に、その場でくるっと回転する」というイメージでは右腰が前に出ます。そうではなく、切り返しで左に軸を移し、そしてダウンの第2段階で左股関節を軸にして回るため、動きのイメージは直線要素が加わった楕円のようなものになります。

 右足の動きはつま先で地面を押すのではなく、内側のくるぶしを地面に押し付けるような使い方をします。この動きなら、右ヒザも右腰も前に出ません。

 なおかつ左股関節に重心を乗せた準備体勢ができていれば、右足の力を受け止めて、回転の動きに効率よく変換できます。回転の動きを補助するように、左腰を後ろに動かしてやると、右足の力をムダなく使って右腰を押すように回転をサポートでき、なおかつ上半身の前傾が保たれて、鋭い回転がもたらされます。パワーアップできるだけでなく、力の出力の向きをコントロールできるため、打球の方向性もよくなります。

CEOゴルフのポイント

□ 左股関節に重心を乗せると右足の力を回転に変換できる。

□ 右足は内くるぶしを地面に押し付けるようにして力を生み、右腰を押して回転を補助する。

筆者の記事一覧はこちら

飛球線

左股関節に重心を乗せると右足の力を受け止め、回転の力に変換できる。
背骨を軸にその場で回転するイメージを持つことも右腰を前に出す動きを助長する(実線、点線、破線の楕円は腰の断面のイメージ)。
左足を踏み込み重心を乗せ、右腰を前に出さずに回転する。右腰を直線的に動かしながら左腰を後ろに引くイメージを持つとスムーズに回れる。
左股関節に重心が乗らないと、左腰や上半身が浮いたり、スエーを招く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る