経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

米・キューバ国交回復のインパクト

津山恵子のニューヨークレポート

キューバ革命から半生記、長き断絶の時を越えて

 国交を断絶して50年以上に渡り対立してきた米国とキューバが2014年12月17日、翌年1月から国交正常化に向けた交渉を始めると発表した。キューバからの多くの移民を抱えながら、国家間は、深刻な敵対関係を続けてきただけに、同日の報道番組は、このニュースで埋め尽くされた。

 米国内の反応は、「歓迎ムード」一色と言える。キューバからの移民の中には、国交や支援がないために、母国に残した家族・親戚と離ればなれになったままという人は多い。また、友人の米国人ジャーナリストやカメラマンから、「取材なら入国しやすいから、一緒に行かないか」と誘われたこともある。政治的に国交が回復することで、両国の法律や規制が緩和され、行き来が自由になり、移民にとっての「断絶」の期間が終わりを告げることになる。

「キューバ孤立化」の政策に成果なし

 オバマ大統領は同日、ホワイトハウスからのテレビ演説に臨んだ。

ニューヨーク市内にも数多くあるキューバ料理店(撮影/著者)

ニューヨーク市内にも数多くあるキューバ料理店(撮影/著者)

 「過去50年間を振り返ると、対キューバ孤立化政策は効果を上げなかった。過去の足かせを取り除いていこう」と力強く呼びかけた。冷戦時代に悪化した両国間の歴史にとらわれ、移民を含めたキューバ人と米国人の双方の利益を損なってきたという反省にたったものだ。

 キューバと米国の歴史を振り返ると、1959年に起きたキューバ革命で、革命軍が米国による傀儡政権を駆逐。この際、中・上流階級の市民の多くが米国に亡命した。フロリダ海峡をはさんで、わずか145キロメートルのところに米国があるからだ。

 当時のソビエト連邦とキューバとの急接近も、冷戦の最中、米国がキューバへの敵視を強める理由となった。そして、62年には、「キューバ危機」が勃発。J・F・ケネディ前大統領は、キューバとの貿易を全面禁止し、経済制裁に踏み切った。また、ソ連がキューバにミサイル基地の建設とミサイルの搬入を計画していることが明らかになり、事態は核戦争寸前にまで至ったが、米ソの妥協で危機は回避された。

 のちの03年には、米連邦下院が、米国人のキューバ訪問解禁の法案を可決し、人権団体やジャーナリスト、キューバ移民が入国できるようになった。しかし、それでも、キューバは、フィデル・カストロ国家評議会議長が率いる社会主義国家として、米市民の不信感を完全に拭うまでには至らなかった。

1 2