経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

コウノトリで豊かな里山 自然と共生する町づくり(福井県越前市、里地里山推進室)

地域が変えるニッポン

自然と共生する町づくり 幼鳥3羽、順調に育つ水辺環境再生へ

 国の特別天然記念物コウノトリを飼育し始めて3年目の2014年度、福井県越前市の飼育・繁殖活動は大きな節目を迎えた。同年6月にふ化が確認され、県内で50年ぶりに3羽の雛が誕生したためだ。15年度には放鳥を目指し、野生復帰と繁殖・定住へ向けた新たな段階に入る。里山の保全や環境教育の推進など、官民協働の輪がさらに広がり、「コウノトリが舞う里づくり」に拍車が掛かる。

 越前市は人口8万4千人、嶺北地方の中南部にある自然豊かな中堅都市だ。市の中心部から車で20分、周辺を低い山で囲まれた白山地区で、つがいのコウノトリの飼育が始まったのが11年12月。

 コウノトリの産卵期は冬場。2年連続して産卵したが、いずれも無精卵でふ化しなかった。そこで兵庫県から取り寄せた卵から14年6月に雛3羽が誕生。親鳥の給餌で幼鳥は順調に育ち、10月には500メートル離れた新居に移った。雄2羽は「げんきくん」、「ゆうきくん」、雌1羽は「ゆめちゃん」と名付けられ、放鳥へ向けた活動が始まった。

 いったん絶滅したコウノトリを野生に復帰させるには、餌となる生き物が豊富な環境が重要だ。越前市は、コウノトリが住む地域は人と自然が共生し生物多様性が保全される環境下にあるととらえ、現代の暮らしと生き物が調和した町づくりを推進している。

 取り組みは12年12月に作った「コウノトリが舞う里づくり」戦略に沿って繰り広げている。戦略を具体化する実施計画は数値目標を掲げた野心的なもので、対象期間は15年度までの5カ年間だ。計画は3つの柱で構成している。

 ひとつは里地里山の保全再生だ。推進室の三好栄室長は、「コウノトリが住む里地の水辺環境を整え、それを涵養する里山の保全活動が重要」と話す。1日に500グラムもの餌を食べるだけに、広大な餌場環境の再生が必要という。

コウノトリが舞う環境づくりへ。魚道などの整備が進む(越前市で)

コウノトリが舞う環境づくりへ。魚道などの整備が進む(越前市で)

 スタッフの藤長裕平さんは「水田に魚や小動物を呼び戻す魚道づくりや堰上げ水路の整備、生き物が暮らすビオトープづくりに努めている」と話を引き継ぎ、15年度までに魚道40カ所とビオトープ5ヘクタールを整備するのが目標だと説明した。

 親鳥の飼育現場に近い水田を見学すると、藤長さんが突然、堰上げ水路にかがみ込み、たも網を水中に入れた。網の中にはドジョウやカニ、小魚が入っており、水辺環境の再生ぶりを実感できた。

 官学民が協力してドジョウの養殖事業も行っている。市と大学がドジョウの幼魚を育て、それを地元住民が養殖するもので、14年度の養殖数は1万匹に達する。これも水辺環境の再生事業の一環だ。

有機栽培米をブランド化名物イベント「ごはん塾」

 2つ目は生き物と共生する環境調和型農業の展開だ。農薬を50%以上減らし化学肥料を使わないなどの認証米は14年度に市全体で440ヘクタールに上り、エコファーマーは2400人を超す。冬に水を張って生き物を育む「冬水たんぼ」は365ヘクタールに及び、県内シェア56%と第1位を占める。

 白山地区の水田では地元農家が無農薬無化学肥料の有機栽培「コウノトリ呼び戻す農法」に力を注いでいる。労力がかかるのが難点とはいえ、09年に4人の農家が2・4ヘクタールで始めたこの農法が14年度には23人、12ヘクタールに広がった。

 長年の繁殖活動でコウノトリの野生数が80羽を超す兵庫県豊岡市の中貝宗治市長は、「コウノトリは地域経済を支える」が持論だ。その根拠として、(1)環境配慮型稲作の広がりと高値取引(2)観光客の増加──などによって年10億円以上の経済効果が生まれていると指摘する。同様の効果を越前市も期待している。

 既に「コウノトリ呼び戻す農法米」をブランド化したほか、有機農業米で作った純米吟醸酒や羽二重モチなどの新商品も開発済みだ。JAなど経済界は、農産物のブランド化を急ぐことで地域経済を潤したいと意欲を燃やす。

 第3は環境教育の推進だ。小学校への出張講座、里山の生き物調査、稲作の体験、ふるさとを描く図画コンクールなどが催され、住民と消費者の交流会もよく開かれる。

 4、5歳児と保護者を対象に各地区で開く「ごはん塾」は、かまどでご飯を炊きつつ、食育に役立てるイベントだ。毎回、100人以上が参加する名物イベントに育ってきた。

 白山地区を舞台に活動する市民らの支援の輪が、ここへきて一段と広がってきた。「水辺と生き物を守る農家と市民の会」、「田んぼファンくらぶ」、「コウノトリ見守り隊」などの活動がそれだ。自然と地域文化を守り、小さくともピカリと光る里山づくりがコウノトリを核に盛り上がる。

 

【地域が変えるニッポン】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る