経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

タダでお役に立て。ケチケチするな。

富裕層専門のカリスマFP 江上治

自分の武器を使って人の役に立つ大切さとは

 稼ぐ人は相手のことをよく知り、特にその人の困っていること、悩んでいることを知って、解決してあげる。それによって強固な人間関係を築き、大きな稼ぎに結び付けていくものだ。前回、そういうことを書いた。

 相手の課題や悩みを解決するには、武器が必要であることも記した。さて、その武器とはなんだろう。

 私が見るところ、武器とは、「スキル(技術)」「人脈」「金」と言ったものだ。これらの武器を使って、相手の役に立つ。

 ただし、相手と言っても、だれに対してもというわけではない。稼ぐ人は、付き合う相手をきちんと決めている。どの人と付き合うかを決め、その人が喜ぶこと、欲していることを提供するのである。

 このことはしかし、今現在の姿のみを言っているのではない。稼ぐ人といえども、最初から稼げる人であったわけではないのだ。ただ、その人生の軌跡を伺うと、大いに稼げるようになった現在まで、人間関係を良好にしたり、人に気に入られたりすることに向けて努力している。

 だから、これらの武器を使うことは、稼ぐ人生のためのコスト、あるいは投資と言い換えてもいい。

 何をするにしてもコストが掛かるが、稼ぐ人は人間に大きなコストを掛け、投資してきているのだ。

価値あるものを提供して、役に立ち人間関係を良好にする

 こうした人生態度は大いに見習ったほうがいい。

 ともあれ、価値あるものを提供しなくては、相手に気に入られることはできない。投資であるから、先行してこれらの武器を使い、人間関係を良好にしなくてはならない。

 ところで、稼ぐ人は付き合う相手を決めていると言ったが、それはどんな人だろう。

 私はそれは「価値基準の高い人」だと考えている。例えば、端的に言えば、年収1億円を超える人たちである。

 基準の低い人と付き合うと、何かを得るのではなく、逆に奪われてしまう。だから、慎重に相手の考える基準を見定めて、高い人とのみ付き合うことだ。そうして、価値あるものを提供するのである。

 こういう話をすると、基準の高い人、例えばお金持ちには、平凡な人間から何も提案、提供することなど、ないのではないかと尋ねられる。

 とんでもない誤解だ。人間だれしも悩みや課題、困っていることなど、いくつも抱えているものだ。お金持ちとて例外ではない。いや、彼らほど、深刻なテーマで悩んでいる立場の人たちはいないと言っていい。

タダであることをケチケチしてはならない理由とは

 お金持ちも、例えば相続や事業継承、あるいは子どもの教育など、一般の人たち以上に頭を悩ませているケースが多い。特に相続や事業継承などは、軽々に扱えない問題だ。

 だが、だからこそ、こちらも真剣になって、あらゆる人脈や知識、情報を使い、良案を提供することになる。むろんタダである。それによってこちらも成長できるわけだ。

 最後に1つ付け加えておきたい。価値あるものを提供すると言ったとき、人を選んでその人に合うものを提供するのが、これまで述べたような場合だが、もう1つ、だれと対象を絞らないで、提供できる場合がある、ということだ。

 私もやっているメールマガジン(メルマガ)がそれだ。人によっては、何万人という多数がその人のメルマガの読者になっている。

 なぜ多くの読者が付くかと言えば、その内容が価値のあるものだからだ。その価値あるものを、いわばタダで提供しているのである。

 タダでだれかのお役に立つなんてばかばかしいと、ケチっていると、結局、稼ぐところからドンドン遠くなる。このことも強調しておきたい。

 

[今号の流儀]
どんな人たちと付き合っているか。それで、将来が決まる。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る