経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

銀行交渉術の裏ワザ

 信用保証協会による保証が付いていない融資(プロパー融資)の金利は、基本的に変動金利です。

 また、保証付き融資であっても、固定の金利が決まっていない保証制度の融資は変動金利となります。

 ご承知のとおり、銀行は、融資のための資金を、預金や市場から調達しており、その際の金利(つまり、資金調達時の金利)は固定ではなく、変動です。

 要するに、銀行は、融資の原資を変動金利で預金者や市場から借りているわけです。ですから、融資の金利も変動にしておかないと、調達金利が融資金利を上回る「逆ザヤ」が起きる可能性があります。そのリスクを回避するために、銀行は、融資の金利を、基本的に変動金利にしているのです。

金利スワップによる融資の金利の固定化

 このように、変動金利は、銀行が融資リスクを抑えるための一手であり、銀行の融資は変動金利が基本を成しています。とはいえ、借り手側の企業としては、「(多少金利が上がっても)固定金利で融資を受けたい」と考える場合があるでしょう。また銀行側も、そうした企業の要望に応えていかなければなりません。

 そのため銀行には、変動金利を固定化するための特別な仕組みが用意されています。それが「金利スワップ」です。

 金利スワップとは、異なる種類の金利を交換する取引を指す言葉です。金利スワップ市場で、金利交換の取引が成立すると、銀行は、「固定金利で計算された利息」を支払う代わりに、「変動金利で計算された利息」を受け取ることが可能になります。結果、融資先の企業に対しては固定金利で融資をしながら、実際に受け取る利息を変動金利ベースにすることができるのです。

 例えば、銀行が、ある企業・A社に対して、5年返済・1億円の融資を行うとしましょう。そして、その融資の通常金利が、「変動金利1・5%」であったとします。

 このとき、銀行が、金利スワップ市場で「変動金利1・5%」と「5年固定金利1・8%」とを交換することができれば、A社は5年固定金利1・8%で5年返済・1億円の融資を受けることができるのです。またこの場合、銀行がA社から受け取る利息は(融資の途中返済がないと想定した場合)年間180万円になります。銀行はその利息を金利スワップ市場で支払い、代わりに変動金利ベースの利息(金利1・5%の場合で150万円)を市場から受け取ります。

 こうして銀行は、A社に対して5年固定金利1・8%で融資しながらも、変動金利ベースで利息を受けることができ、金利固定化による逆ザヤのリスクを回避することができるのです。

固定金利融資(金利スワップ)の留意点

 金利スワップによる金利の固定化は、少し柔軟性に欠ける面もあります。例えば、先の例で言うと、銀行は、「1億円の1・8%を利息として5年間を支払うこと」を条件に、変動金利利息との交換を成立させています。

 言い換えれば、変動金利ベースの利息を得るために、180万円の利息を5年間、金利スワップ市場で払い続けなければならないわけです。したがってもし、1億円の融資先に、想定外・契約外の繰り上げ返済をされてしまうと、金利スワップ市場に支払う利息の原資を失うことになります。

 そのような事態の回避策として銀行は、企業の返済ペースを契約で縛り、契約違反があった場合には違約金を請求するのが一般的です。

 要するに、固定金利で融資を受けた場合、契約上の返済ペースを超えたかたちで繰り上げ返済や一括返済を行うと、銀行から違約金の支払いを要求されるケースが多々あるということです。

商品としての金利スワップを利用した融資の金利の固定化

 銀行は、金利スワップを商品としても販売しており、企業はそれを用いて、融資の金利を固定化させられます。

 例えば、前出のA社が、変動金利1・5%で、1億円・5年返済の融資を受けているとしましょう。

 それを、5年間の固定金利1・8%の融資に切り換えるならば、銀行と金利スワップを行い、(途中の定期返済がない場合で)年間180万円の利息を支払い、変動金利ベースの利息を受け取れるようにすればいいのです。

 より端的に言えば、変動金利に基づく利息(金利1・5%なら150万円)を銀行に支払いつつ、「固定金利の利息(180万円)」と「変動金利の利息」との差額(変動金利が1・5%なら30万円)も併せて支払うようにすれば、融資の金利を1・8%で実質的に固定化できるのです。

 こう言うと、銀行に支払う利息が高くなるだけのように聞こえるかもしれませんが変動金利が仮に2・0%に上がった場合、固定金利と変動金利の利息差である20万円が企業に戻されます。そうなれば、融資の金利を固定化した効果が実感できるはずです。

筆者の記事一覧はこちら

経済界ウェブ 銀行関連の記事一覧はこちら

経済界ウェブ 金融関連の記事一覧はこちら

【マネジメント】の記事一覧はこちら

経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る