経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

津山恵子のニューヨークレポート

家電をスマートに使い、空き時間に何をするか

 「家電は、もっとスマートに使えて、家電と接する時間がもっと省ける」

 年明け早々にネバダ州ラスベガスで開かれた家電見本市「インターナショナルCES」は、久しぶりに大きな家電業界の変化を感じさせた。

 スマートフォンやタブレット端末などモバイル端末を「リモートコントローラー」にして、あらゆる家電がつながり、生活がもっと便利になる、その具体的な姿が見えてきたからだ。

CESのスモール・ビジネス展示を取材する記者やブロガーたち

CESのスモール・ビジネス展示を取材する記者やブロガーたち(撮影/著者)

 例えば、スマホを目覚まし時計代わりに使う人が増えているが、朝、スマホが鳴ると同時に、ブラインドが自動的に開き、キッチンではラジオとコーヒーメーカーのスイッチが入る。居間のテレビ画面には、今日のスケジュールや天気・交通情報が映るといったイメージだ。

 ネットワークにつながった家電を使っていれば、物理的にその家電のスイッチを入れたり、設定をしたりする時間が省ける。

 浮いた時間を使って何をするかというと、米国人なら「健康を維持するために運動をしたりダイエットをする」、あるいは「家族との時間を増やす」ことに時間を割きたいと思うにちがいない。

 そこで登場するのが、体調を計測するウェアラブルのウォッチやボタンだ。これもスマホのアプリとつながり、血圧、心拍、運動時間、睡眠時間などをデータとして記録していく。そのデータが、かかりつけの医者のコンピューターとつながっていれば、医者はその患者が来たとき、体調について聞く必要はなく、正確なデータが既に手元にあることになる。

 また、インターネットにつながった大画面のスマートテレビを使って、ネット上から見つけた好きなコンテンツを、好きな時間に家族と一緒に見られるというのも、スマート家電の使い方だ。

 もちろん、インターネットにつながったスマート家電は、1990年代から提案されていたが、冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機などが個別にネットワークにつながっていたため、個別に操作する必要があった。それが今では、スマホが1台あれば、ベッドの中からでも、仕事場からでもどんな家電も操作することができて、利便性が格段に上がった。これは、スマホというモバイル端末がなければできないシステムで、スマホがいかに今後生活の中心になっていくかが予測できる。

 今回のCESが見せた流れの1つは、スマート家電の近未来だけではない。サムスン電子、LG電子、ソニー、パナソニックといった大手メーカーは確かに、その近未来を提案する主役だった。

 しかし、浮いた時間で何をするかということに密接に関係した「ウェアラブル家電」「アプリケーション」「ソフトウエア」といった、以前はCESの主役ではなかったハードやソフトが、にわかに主役級にのしあがってきた。いずれもメーカーは、ベンチャーであることが多い。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、新興企業のゾーンには前年比59%増の出展者があった。大企業メーンと思われていたCESで、スモールビジネスが存在感を示すようになってきた。

 もう1つは、やはり環境関連のテーマだ。トヨタ自動車は、日本で先行発売した水素燃料電池自動車「MIRAI」を、初めて日本外で発表し、記者会見場は興奮に包まれた。今年10月から米国でも発売する。また、ボブ・カーター・北米トヨタ上級副社長が、燃料電池と水素ステーションの普及のために、取得した特許の開放に踏み切ることも発表した。

家電が「電力」を過大消費せず、いかに発展できるか

 会見場では、シティ・カレッジ・オブ・ニューヨークの人気教授、ミチオ・カク氏が水素燃料電池自動車に対する期待を熱く語った。テレビによく登場する理論物理、科学の未来派主義者だ。

 「宇宙の77%は水素によって形成されており、最も比率の高い構成要素だ。石油と水素には大きな違いがある。水素自動車から排出されるのは、飲料水と同じ水素であり、何の汚染も引き起こさない。トヨタのハイブリッドカーは、ゲーム・チェンジャーになった。汚染がない社会を創造する一歩だった。今後は、水素が牽引する社会となる」

 さまざまな家電が、ネットワークにつながりながらも、消費電力が少ないということも喧伝されていた。地球温暖化問題が、ますます焦点になればなるほど、「電力」を使う家電がどうやって「電力」を過大に消費せずに発展できるかというのは、ますます関心事となっていくだろう。いずれにせよ、数年ぶりに方向性がはっきり見えた年明けのCESだったのは間違いない。

 

津山恵子氏の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る