経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

5年後の東京五輪に向けて“お家芸”マラソンの再建を

スポーツインサイドアウト

日本のお家芸だったマラソン

 中国・北京で行われた陸上の世界選手権で男子マラソンの連続入賞記録が「8大会」でストップした。

 日本勢の最高順位は藤原正和(ホンダ)の21位。もうひとりの前田和浩(九電工)は40位に終わった。エースの今井正人(トヨタ自動車九州)は骨髄膜炎を発症し、出場を回避した。

 優勝したギルメイ・ゲブレスラシエ(エリトリア)は19歳の新星。翻って日本勢は藤原34歳、前田34歳、今井31歳と“高齢化”が目立つ。

 これで2020年東京五輪は大丈夫なのか?

 1992年のバルセロナ五輪では、銀メダルを獲得した森下広一をはじめ、中山竹通(4位)、谷口浩美(8位)と出場3選手が揃って8位以内に入った。

 マラソンと言えば、自他ともに認める日本のお家芸だった。

 記録の面でも日本勢の退潮は目を覆うばかりだ。現在の世界最高記録は14年9月にデニス・キメットがマークした2時間2分57秒だが、日本記録は02年10月に高岡寿成がマークした2時間6分16秒。ちょっとやそっとの努力で埋められる差ではない。

 とりわけアフリカ勢の台頭が著しい。

 91年世界選手権東京大会の優勝者・谷口は、その理由についてこう語っていた。

 「例えば現在の東京マラソンを見ても1位が800万円、2位が400万円、3位が200万円と賞金が高額になっています。“走ることでおカネが稼げる”とアフリカの選手たちが考えるようになったのです。

 さらに、欧米のエージェント(仲介人)たちが選手を発掘し、優秀な選手をいろんな賞金レースにエントリーさせるようになったことで、競争意識が高まり、全体のレベルが上がってきました」

マラソンのベスト10タイムはアフリカ勢ばかり

 そこでマラソンのベスト10タイムを調べてみた。

 1位キメット(ケニア)2時間2分57秒

 2位エマニュエル・ムタイ(ケニア)2時間3分13秒

 3位ウィルソン・キプサング(ケニア)2時間3分23秒

 4位パトリック・マカウ(ケニア)2時間3分38秒

 5位ハイレ・ゲブレセラシェ(エチオピア)2時間3分59秒

 6位エリウド・キプチョゲ(ケニア)2時間4分5秒

 7位ジョフリー・ムタイ(ケニア)2時間4分15秒

 8位アエレ・アブシェロ(エチオピア)2時間4分23秒

 9位ダンカン・キベト(ケニア)、ジェームス・キプサング(ケニア)2時間4分27秒

 ケニアとエチオピアばかりである。

「お家芸」マラソン復活のために何をするべきか

 再び谷口。

 「彼らの中には標高2千メートル以上の土地で生活している選手が多いので、本番のレースは楽に感じるのではないでしょうか。

 また、整備されていない山道のような場所を走って練習しますから、心肺や足腰が自然に鍛えられているんだと思います」

 もともとの素質に加え、勝てば大金が入るとなれば、アフリカ勢のモチベーションは増すばかりだろう。

 それでも、5年後の東京五輪、日本勢にも巻き返すチャンスがあると見るのが元日本記録保持者の瀬古利彦だ。

 北京を制したゲブレスラシエのタイトルが2時間12分28秒と凡庸だったことを受け、こう語る。

〈優勝候補だった世界記録2時間2分57秒を持つキメット、自己記録2時間3分23秒のキプサング(ともにケニア)は途中棄権。

 暑い夏のレースは速ければ、必ずしも勝てるわけではない。これを見れば、日本人だってメダルをとれるんだ。

 今のままでは5年後の東京五輪に向けても、手遅れになる。トラックからマラソンに慣れるまで3年はかかる。今、1万メートルや駅伝の若い選手を、日本陸運が「オレと心中しよう」という熱意でマラソンに挑戦させないと〉(日刊スポーツ8月23日付)

 瀬古は20歳でマラソンに初挑戦している。「42・195キロに早く慣れるべき」というのが彼の持論である。

 しかし、大多数の学生の目標は「箱根駅伝」であり、実業団に入ってからは「ニューイヤー駅伝」などでの結果が求められる。

 「選手も箱根駅伝を重視してきた分、実業団へ入ってからのモチベーションや目標設定がおろそかになっているのではないか」

 谷口は、そんな懸念を口にする。

 この1月、初めて箱根を制した青山学院大学駅伝部監督の原晋は「本当に勝ちたいのなら、長距離選手のナショナル・トレーニングセンターを山間部に設けるくらいのことをやらないと……」と、大胆な再建案を口にする。

 いずれにしても改革は待ったなしである。(文中敬称略)

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る