経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

経営の極意 かっこいいお金持ちとはどんな人間か?

富裕層専門のカリスマFP 江上治

経営の極意① 分かち合うのがかっこいいお金持ち

 アダム・グラントのベストセラー『GIVE&TAKE』(三笠書房)の人間類型、ギバー(人に惜しみなく与える人)、テイカー(真っ先に自分の利益を優先させる人)、マッチャ—(損得のバランスを考える人)を下敷きに、私はお金との関係で人間を4つのタイプに分けた。

①かっこいいお金持ち(ギバー)

②かっこ悪いお金持ち(テイカー)

③幸せな貧乏人(マッチャー)

④不幸せな貧乏人(テイカー&テイカー)

 以上の4タイプだ。

 かっこいいお金持ち(ギバー)とはどのような人かというと、基本、与える人である。自分の持つ資源を人に与えて、その人の価値や社会の価値を上げてくれる人。あるいは、人を勝たせてくれる人といってもいい。私の知っているお金持ちでは、アースホールディングス國分利治氏や三光ソフランホールディングス高橋誠一氏、あるいは通信機器販売会社ネクシィーズ(東証1部・大証1部上場)の創業社長、近藤太香巳氏など。かっこいいお金持ちとしての考え方を、端的に表していると思うのは、近藤氏の次のような発言だ。

 「リーダーとは、自分が50万円稼いでも、部下2人に20万円ずつ渡し、自分は10万円で生活する人だ」

 自分の作った資源、価値で、他人の価値を上げてやる、分かち合うということをしないと、リーダーとしての尊敬を得られないというのだ。

経営の極意② 自分の選んだ道だから人のせいにはしない

 近藤氏は18歳の時、自動車免許を取り、マイカーを購入。と思う間もなく納車の翌日、事故に遭い車を大破。200万円超の借金をつくった。

 返済のために、100人入社して99人が辞めるという訪問販売員になるが、ここで踏ん張って成果を出し、借金を返したという。何があっても自分の選んだ道であるから、と決して人のせいにはしないのが信条なのだ。

 三光ソフランの高橋氏は、大学を出て電機メーカーに就職するという間際に、説得されて実家の米屋を継ぐ。

 米屋の販売方法を顧客中心に画期的に変えて成功。翌年から多店舗展開に乗り出す。10年の間に43店舗まで拡大して安定収益事業にした。

 その後、不動産業界に進出し、個人年金づくりにアパートを建て、「お金持ち大家さん」になることを推奨している。

 関係する18社すべてが黒字。うち2社が上場企業となっている。今後は総合介護事業を目指すという。

 高橋氏の名言に「50歳までに土台をつくって、50歳過ぎて財産をつくればいい」というのがある。悠々たる気概が感じられる言葉ではないか。

経営の極意③ 自分中心ではなく視線は他人に向いている

 美容院のフランチャイズシステムをつくったアースホールディングスの國分氏は本欄でもしばしば登場している。フランチャイジーを100社にすることが目標で、現在は60社。FC社長の平均年収は3千万円以上。1億円以上が2人いるという。

 社長になっても、2期連続で赤字を出したら降格になる。赤字は他人を不幸にするから、と國分社長は言う。社長からスタイリストになる人もあるというから徹底している。

 さて、こうした考えの面々が「かっこいいお金持ち=ギバー」である。決して自分中心ではなく、視線は他人に向けられている。こうした志向の人が成功するのは、むしろ当然といっていい。

 この反面の「かっこ悪いお金持ち=テイカー」にも触れておこう。これは、「自分の利益だけを追求する人」である。

 例えば人を騙すような人だ。一時は騙しが成功してお金を手にするが永続はせず、最後は没落することになる。

 

[今号の流儀]
「他人のため」を考えられるかが「かっこいい・悪い」を分ける。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る