経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

所有志向の人は今後、負けていく。――日本の現実と若者の生き方

富裕層専門のカリスマFP 江上治

日本の残酷な現実と向き合う若者

 11月中旬に発売した拙著『あなたがもし残酷な100人の村の村人だと知ったら』(経済界)が依然として好調だ。所期の目的どおり、学生や若いサラリーマンが読者の中心を構成していると聞く。

 面白いのは東京などの大都会より、地方でよく読まれていることだ。特に、青森、福島、宮城、長野、静岡、大阪、神戸などの書店で売れ行きがよい。 地方から始まって、大都市に、そして全国へというのは、ベストセラーのひとつの形だという。

 ともあれ、日本のあちこちで、真剣に日本の現実と向き合っている、若い読者の姿が胸に浮かぶ。

 ここに収載した《残酷なデータ》をもとに、若い世代の男女に、これからの生き方を考え、時に議論してもらえれば、ありがたい。

 生き方を考えたり、議論したりするネタは、本書は豊富である。というのも、ネタは《残酷なデータ》だけではないからだ。

 むろん、日本に内在する、これからの若い世代にじわじわと浸潤する事実、危うい社会保障の将来、広がる正規社員と非正規社員の格差社会、女性の貧困、ワーキングプア、企業のグローバル化とコンピューター化の進展による人間の排除などは、たいていここに納められているが、本書はそれにとどまるものではない。

若者を直撃するどうしようもない日本の現実

 この本は全体を4つのパーツに分けて構成されている。

 初めは、絵本仕立ての「残酷」の概要。やさしい表現で書かれているが、ここに目を通すだけで、日本が向き合っている残酷な現実が、よく伝わるようになっている。

 次に、将来に生きる、若い世代の人々を直撃する、どうしようもない日本の現実。ここは具体的に数字を挙げ、グラフなどを豊富に用いて立証し、残酷な事実と将来の展望を提示している。

 さらに、この現実の社会をどう生きたらよいのかという、ひとつの考え方だ。あるいは、FP(ファイナンシャル・プランナー)である私からのアドバイスと捉えてもらってもいい部分である。

 最後に【付録】という形で、「お金」というモノは、現代では何を意味するか、を考えている。この4つのパーツがそれぞれ、考える対象、議論を戦わすネタになるのだ。

 むろん、まず初めの2つのパーツ、残酷な事実の例証に目が行くのは当然だろう。

 その一つひとつはテーマとして重いが、ぜひ考えてもらいたいし、議論もしてもらいたい事実ばかりだ。

残酷な日本を生き抜くために

 だが、私が読者の皆さんからの声としてうれしくなったのは、この現実をただ提示するのではなく、どう生きたらよいかという、私からの提案があってよかったという評価。そしてここに、大きな注目が集まったことである。

 この部分では、私は日頃から考えていることを記した。それはどういうことかというと、人生でお金のバリューを、皆さん誤解していませんか、ということだ。

 この誤解が高じて、人生を生きにくくしている人が多いのだが、実は、それほどお金のバリューは高くないのだ。最もお金と近しい関係にあるFPの私が言うのだから、間違いはない。

 説明するために、人生の資本を自分資本、お金資本、人間関係資本と分け、それぞれが必要なのだ、この3つをバランスよく働かせることでこそ、この残酷な日本を生き抜く力が得られる、と説いたのだ。そして、これからの時代は、何もかも所有したいという所有志向の人は負けていくしかない、と結論付けた。

 私の言葉に勇気づけられましたとメールをくれた読者も、たいへん多いのである。

[今号の流儀]

 自分・お金・人間関係資本をバランスよく働かす人が人生に勝利する。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る