経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

大統領の図書館

オバマ大統領の英語

(写真:EPA=時事)

(写真:EPA=時事)

オバマ大統領の図書館はどこに?

 大統領図書館(Presidential Library)というものがある。

 米国大統領任期中に関与した公務に関する資料や書簡・写真などを保管し、かつ一般に公開している比較的大規模な施設だ。所蔵品の内容や目的からすると図書館(Library)というよりは退任した大統領の記念館、もしくは公文書館でもある。

 これは歴史の浅い米国特有のものであり、他国にはない。

 特に日本では無理だ。首相図書館を造るならば、ここ10年で、小泉、安倍、福田、麻生、鳩山、菅、野田、安倍と7つもの首相図書館を造らなければいけない。

 さて、この大統領図書館だが、今のように定例化したのもごく最近で、FDRこと、フランクリン・ルーズヴェルト大統領から造られるようになった。現在全米13カ所に設けられている大統領図書館は、非常にユニークな歴史と役割を持っている。

 1939年に第32代大統領フランクリン・ルーズベルトが職務関連の書類と個人的な資料を政府に寄贈したことから始まった大統領図書館の管理・運営は、米国国立公文書記録管理局 (United States National Archives and Records Administration、通称NARA)によって行われている。

 図書館の造られる場所は生誕地だったりするわけだが、オバマの場合はハワイで生まれ、インドネシアで育ち、シカゴやボストンで過ごして今はワシントンにいる。引退後、どこに図書館を造るかが問題だ。最近ではオバマはそもそも外国生まれで大統領になる資格がないという攻撃も頻発した。この件は後にもう一度、触れる。

 2004年に米国アーカンソー州の州都リトルロック(Little Rock, Ark)はビル・クリントンの大統領図書館ができたことによって10億㌦の不動産投資が喚起されたという。

 今年の4月に開館した息子ブッシュ大統領図書館は、テキサス州ダラスの南メソジスト大学構内に建設された。正式名称ジョージ・W・ブッシュ大統領図書館・博物館(George W. Bush Presidential Library and Museum)は、ダラスのコンベンション・ビューロー(The Dallas Visitors and Convention Bureau)によると、5千万㌦の経済効果を生み出すとみられている。

ブッシュ大統領図書館のオープニングにはオバマも出席してこうスピーチした。

“As we walk through this library, obviously we’re reminded of the incredible strength and resolve that came through that bullhorn as he stood amid the rubble and the ruins of Ground Zero, promising to deliver justice to those who had sought to destroy our way of life.”

〈この図書館を歩いていくにつれ、思い出されてくるのは、グラウンド・ゼロの瓦礫の上で拡声器を通じ、われわれの生活を破壊しようとした敵に立ち向かって正義を貫こうとした、信じられないほどの力強さを示したあの姿のことであります〉

 前大統領を褒めそやした。

 というわけで近年では現役の大統領を招いて麗々しくテープが切られる大統領図書館は波及する経済効果も華々しく、これを誘致しようという動きが2期目に入ったばかりのオバマ周辺でも起きている。初の黒人大統領というのは、やはり大統領図書館的にもおいしい。

 特にハワイとシカゴで綱引きがある。両者ともにオバマ大統領図書館が欲しい。

“It is a tough choice, but it’s not one that I’ve made yet,

〈これはなかなか難しい選択で、まだ決めかねております〉

 とオバマはABCネットワークのホノルルKITVのインタビューで答えている。

“Honolulu is my birthplace.

〈ホノルルは私の生まれた土地です〉

It’s the place where I grew up, and I met so many friends and fond memories, and it helped to shape me, so I’d like to find a way that after my presidency that connection remains,

〈ここは私が育った土地であり、多くの友人に出会えた思い出深い、私という人間を形成した土地であり、大統領になってからも絆を持ち続けたい場所なのです〉

“But, you know, I live in Chicago now, and that’s where I grew up professionally.”

〈しかし、ご存じのように、私は今、シカゴを拠点としており、政治家としての出発点はそこにあるのです〉

[今号の英語]rather
 むしろ、という意味で使う。どちらかと言えば、というような意味である。I’d rather not.(まあ、やめておこう)というような使い方をする。
 ホワイトハウスの記者クラブ夕食会(White House Correspondents’ Dinner)というのは大統領が徹頭徹尾ジョークを言い続ける場となっているが、今年の夕食会でオバマは大統領図書館に関してもジョークを放った。
“I’m also hard at work on plans for the Obama library,”
〈オバマ図書館に関しては計画を練りに練っております〉
“Some have suggested that we put it in my birthplace but I’d rather keep it in the United States.”
〈何人かは生誕地に造れと言っておりますが、私としては、どちらかと言えば合衆国内に造りたいと考えております〉
 これは、不動産王ドナルド・トランプが展開していた、オバマが外国生まれで大統領になる資格がそもそもないという有名な攻撃キャンペーンを皮肉った発言である。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る