経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

スウィート・キャロライン

オバマ大統領の英語

(写真:AFP=時事)

(写真:AFP=時事)

 読者の中にも1957年生まれの方がいるかと思う。そのあなたなら、かすかに、白黒テレビで放映された、初の衛星放送、当時は「宇宙中継」と呼ばれていた映像を覚えているかもしれない。あれは63年11月23日だった。ケネディは事前に挨拶を収録していたが、当日、臨時ニュースが飛び込んできて、録画は実況に差し替えられた。日本の放映は朝5時。こう始まった。「悲しいお知らせがあります」ケネディが暗殺され、世界が悲嘆にくれた時、あなたは5歳、大統領の娘、キャロライン・ケネディも当時、5歳だった。その彼女が駐日米国大使として間もなく赴任することとなった。

 ニール・ダイヤモンドの大ヒット曲「スウィート・キャロライン」は、ケネディの娘の幼い頃の写真にインスパイアされて作曲されたという「秘話」は、キャロラインの50歳の誕生日パーティーで初めてニールにより本人の目で前に明かされた。キャロラインはニューヨーク生まれ。ハーバード大とコロンビア大法科大学院を卒業し弁護士資格を取得。書籍編集などをしながら米東部マサチューセッツ州にある父親の名を冠した図書館の館長などを務めてきた。目覚ましい活躍ではないが、対外的には弁護士で作家、55歳で3児の母。スリムで、スタイリッシュ、できる女風である。

 ケネディ家は多くの政治家を輩出してきたが、キャロラインは、2008年に国務長官に就任するヒラリー・クリントン上院議員(当時)の後任候補に一時浮上したものの、外交・政治経験はない。このため、中国の海洋進出や北朝鮮の核・ミサイル開発などで東アジアの安全保障情勢が厳しさを増す中、4月に米メディアが日本大使起用を報じた際には異議も唱えられた。共和党で外交問題を受け持つドナ・ローラバッチャーはこう言っている。

“I thought it was an April Fool’s joke when I first heard about it”

〈最初この件を耳にしたときはエイプリルフールの冗談かと思いました〉

“Our economic and national security are based on good will toward Japan.”

〈われわれの経済や安全保障は日本との友好関係に基づいております〉

“I have nothing against Caroline Kennedy becoming ambassador to, say, Barbados.”

〈もしこれがカリブ海の小国バルバドスの大使になるのだということならともかく〉

“But Japan is too important for somebody with no experience.”

〈外国経験のない人間が赴くには日本はあまりにも重要な国です〉

現職のルース大使は、08年の大統領選でオバマ氏の資金集めに貢献して09年に駐日大使に起用。勲章みたいなものだったが、蓋を開けてみれば、愚かな鳩山民主党政権下で迷走した米軍普天間飛行場の移設問題への対応や、11年の東日本大震災後の救援、復旧をめぐる日米連携などに尽力し、結構奮闘させられた。10年に広島、12年には長崎の平和式典に米大使として初めて出席した。

 米国外交官協会によると米国大使ポストは、現在、188ある。このうち、外交官出身の大使が全体の60%以上を占める一方、外交経験はないがオバマの指名による政治任用の大使も30%近くいる。キャロライン・ケネディも政治任用の大使だ。政治任用の大使は、日本、英国、カナダなど主に米国の同盟国に駐在する傾向がある。一方、オバマが1期目で政治任用した大使59人のうち、オバマ大統領が初当選した選挙の時に多額の献金をした支持者が40人と70%近くを占めていて、これは歴代政権と比べると2倍以上の多さだ。こうした政治任用の大使は、大統領と直接パイプがあり有用だとする声がある一方、大使ポストが多額の献金をした富裕層に対する論功行賞になっているという批判もある。歴代の駐日米大使には多くの大物政治家が選ばれ、日米の関係強化や問題の解決に重要な役割を果たしてきた。カーターの下、77年から11年半にわたって大使だったマンスフィールドは上院院内総務として歴代最長の16年間君臨した民主党の大物議員として知られていた人物だし、クリントンの下で93年から大使を務めたモンデールは、副大統領の経験がある。ブッシュの下で01年から大使を務めたベーカーは、大統領首席補佐官の経験があり、知日派の大使として自衛隊のイラクへの派遣などで日米間の調整役を担った。

 一方で、最近は政治経験は少なくても大統領と個人的に強いつながりを持つ人物が選ばれるケースが続いた。

 05年から大使を務めたシーファーは当時のブッシュ前大統領と大リーグ球団「テキサス・レンジャース」を共同で経営したことで知られ、また、現在のルース大使も、弁護士の出身ながら08年の大統領選挙でオバマに多額の献金をするなど大統領と個人的に親しい間柄で、選挙への貢献を高く評価した結果の人事とされている。

 キャロラインもその口だ。

 キャロラインはオバマをこう評する。

“Obama is the kind of leader my father wrote about in “Profiles in Courage”. He doesn’t just do what’s easy. He does what’s hard. He does what’s right.”

〈オバマは私の父が著書『勇気ある人々』で描いたような、安易な道を選ばない男、困難な道を選ぶ男、正しいことをやり遂げる男、ですわ〉

 とエールを送った。ケネディ家からのお墨付きは、政治家にとってはありがたい。

[今号の英語]Dear
 Dearは親愛なる、という意味で手紙の冒頭に付けるが、口語でこんな使い方もある。オバマの言葉だ。
“Caroline Kennedy has become one of my dearest friends and is just a wonderful American, a wonderful person.”
〈キャロライン・ケネディーは私の最も親しい友人であり、ただただ素晴らしい米国人であり、素晴らしい人物なのです〉
 2代目同士、安倍首相とはうまくやっていけるかもしれない。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る