経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

自動運転車の普及を急げ―高速道路での重大事故を減らすために

夏野剛の新ニッポン進化論

高速道路の重大事故防止で注目される自動運転の技術

 先日、タレントの桜塚やっくんが交通事故で亡くなられました。中国自動車道を走行中、乗っていたワンボックスカーが中央分離帯に衝突し、追い越し車線に停止。直後に同乗者、桜塚さんが様子を見るために車外にでたところを、 それぞれ別の後続車にはねられて亡くなったという痛ましい事故でした。

 このニュースを聞いて考えたことがあります。

 高速道路での交通事故件数は、実はそれほど多くありません。警察庁の発表によると、2013年の事故件数は66万5千件ほどですが、このうち高速道路での事故はわずか6222件。しかし、死亡事故は156件にも上っており、一般道での死亡事故率を大幅に上回っています。つまり、件数は少ないものの、ひとたび高速道路で事故が起きれば、重大事故になりやすいのです。

 こうした状況に対しては、テクノロジーが貢献できる可能性が非常に高いと言えます。件数が少ないということは、それだけ事故に至る経緯をパターン化しやすいということですし、パターン化することによって重大事故が減らせれば、社会的効用も非常に大きいからです。高速道路を舞台にテクノロジーが貢献した例としてはETCが典型的ですが、できることはもっとあるのではないでしょうか。

 そこで、最近注目されている技術として「自動運転」があります。1つはドライバーの操作なしでも走行が可能な全自動運転車で、グーグルや日産自動車が取り組んでいます。もう1つは高速道路における自動運転道路システムで、こちらは主に欧州の自動車メーカーが熱心に取り組んでいます。

自動運転で高速道路の重大事故は圧倒的に減る

 自動運転車は、事故が起きた時に誰が責任を取るのか、保険はどうするのか、道路交通法の規制はどうするのかなど、さまざまな問題があるため、なかなか実用化が進まないという事情があります。

 しかし、米国ではプリウスを使って完全自動走行の実証実験をグーグルが始めていますし、ドイツではアウトバーンで高速自動走行の実験を行っています。一方、日本ではいまだに公道での実証実験は認められていません。このままでは、日本の自動車産業はどんどん遅れを取ってしまうでしょう。

 日本の市街地は複雑過ぎて道幅も狭いので、まずは高速道路における自動走行を優先的に検討することを提案します。技術的には実現できる可能性が高く、高速道路の重大事故が圧倒的に減ると予想されます。

 自動運転の導入は、事故防止だけでなく渋滞緩和にも有効です。高速道路における渋滞の最大の原因は上り坂での減速なので、追い越し車線で自動運転モードを適用して、前の車との距離を測りつつ走る数珠つなぎ走行にすればスムーズに車が流れるでしょう。

 万が一事故が起きた時は、列全体がストップするようにすれば、今回の中国自動車道のような事故は起きにくくなるはずです。

自動運転車は自動車産業のイノベーションマインドを刺激

 自動運転車の普及促進は、日本の自動車産業の革新にもつながります。自動運転車に用いられる自動ストップ機能の先鞭を付けたのは、富士重工業の「EyeSight(アイサイト)」という技術ですが、このシステムも当初はなかなか導入が認められませんでした。

 アイサイトの原理は、ミリ波レーダーではなくカメラを使用して障害物を認識するので、技術的に見れば難易度が低かったのですが、実用化の承認に時間がかかって先行開発の優位性をあまり生かせませんでした。

 いち早くこうした技術を導入していけば、日本の自動車産業の発展につながるし、何よりイノベーションマインドを刺激することになります。安全の確保と慎重なルールの適用はもちろん大事ですが、前向きにイノベーションを受け入れる姿勢に変えていけば、自動車産業全体のレベルが上がります。

 一番の課題になるのはやはり法整備と規制の緩和です。国民の安全にかかわることなので、慎重に検討しなければならないことは重々理解していますが、早急に整備していかないと世界の動きに乗り遅れてしまうでしょう。時間をかけても解決が難しい事柄に関しては、一定の割り切りを持って進めることも必要ではないでしょうか。さもなければ、日本はますますジリ貧に陥ってしまいますし、自動車産業そのものの衰退につながっていくと懸念します。

 日本メーカーが自動運転車を開発しても、実際に実用化されるのは米国が最初というような事態は何としても避けなければなりません。日本メーカーの実証実験は海外ではなく、北海道などで行なってほしいと思うところです。

 

夏野剛氏の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る