経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

拉致雑感

視点

 拉致議連の会長に就任してから10年余りが経過した。2002年、小泉訪朝で5人の被害者が帰国し、その後、家族の人々も帰ってきた。北朝鮮は残りの全員は死亡したとし、死亡診断書まで付け、横田めぐみさんの骨と称するものを返してきた。この遺骨を日本で分析したところ、全く別人の2人のDNAが検出され、真っ赤な偽物ということが判明した。日本側で疑問点が300余りあり、質問書を出したが、今に至るまで、なしのつぶてである。そして北朝鮮は全員死亡して誰もいなくなったので拉致問題は終わりで、もう拉致のにおいもしないとうそぶいている。しかし脱北者の証言などにより、家族の人々は皆、生存を信じている。

 また、ある日、忽然と行方不明になった人々が、全国で400人余りもいる。家族の方々は、この人たちも北に拉致されたのではないかと、特定失踪者の会を立ち上げ、政府の認定を心待ちにしている。われわれ拉致議連としても特定失踪者の家族の方にも仲間に入っていただき、政府へ認定を働き掛けている。

 国家テロといわれる拉致は、1970年代から80年代にかけて全国的に行われ、当初は政治家も政府もまさか拉致とは考えなかったが、02年の金正日の発言で、事実であったことが分かり、国民の怒りを買ったのであった。

 北朝鮮の拉致はこれだけでなく、朝鮮戦争勃発時、50年代に、北は南から8万人余りの拉致を行い、韓国には数で日本と比較にならない拉致問題がある。これも韓国の親北政権の存在で、ほとんど解決していない。

 もう1つの北の拉致は、日本のマスコミの一部もお先棒を担いだが、北は地上の天国という触れ込みで、60万人といわれた在日朝鮮人の中から、日本人妻8千人を含む、9万8千人の帰国を促した。帰国した人々は金日成の北朝鮮は、「地上の天国」という言葉に騙されて、新潟港から、華々しく帰国して行った。北朝鮮に着くと地上の天国とは嘘も嘘で、地獄が待っていて、彼らは毎年のように日本に送金を依頼してきたのであった。その額は天文学的な金額となり、強制収容所へ入れられる人もたくさんいたといわれている。この拉致もいまだに解決されていない。

 現在安倍政権では特使的な内閣官房参与が平壌に行き、それなりの交渉をしたようであるが、これまでの北朝鮮のやり口を見ると、どこまで信用して良いか確信が持てない。米国も強硬策に出ており、韓国も貿易で結び付いていた特区からの撤退等々、四面楚歌の状態になっている。頼るは人の良い日本だけとなり、北朝鮮ナンバーツーと日本の内閣官房参与との面談画像が全世界に流されるなど、北の魂胆が見え見えだから、余計心配になるのである。

 拉致議連の会長として一日も早い解決を望むが、しっかりと相手の出方を見極めることも大切だと痛感している。この件で、国民の税金が無駄に費やされることの無いよう、フォローをしていきたい。日本にある頼みの朝鮮総連の建物の競売も不調になった現在、北は相当、あわてているのではあるまいか。

 

視点 記事一覧はこちら

平沼赳夫氏 関連記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る