経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「4度目の正直」で築いたFIFA人脈を礎に 日本サッカーを発展させた小倉純二名誉会長

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

日本サッカー協会の小倉純二名誉会長(写真:時事)

日本サッカー協会の小倉純二名誉会長(写真:時事)

 日本サッカー協会の小倉純二名誉会長が旭日中綬章を受章した。

 さる10月25日、東京都内のホテルで「叙勲を祝う会」が催され、発起人の川淵三郎日本サッカー協会最高顧問が「彼はサッカー経験がなく、古河電工ではボール拾いをやっていた。そのボール拾いがサッカー協会会長となり、叙勲まで果たしたのだから、まるで現代の木下藤吉郎のようだ」と独特の言い回しで後輩を持ち上げた。

 川淵氏の指摘どおり、非プレーヤーの会長就任は第5代平井富三郎会長(元通産事務次官、新日鉄社長)以来23年ぶりだった。勇退後は名誉会長に就任し、今も陰に陽に協会を支えている。

 2002年8月、小倉氏は日本人3人目のFIFA(国際サッカー連盟)理事に就任した。9年間で培ったFIFA内の人脈が小倉氏の最大の財産であり、日本サッカー発展の礎となった。

 祝う会ではゼップ・ブラッターFIFA会長やミシェル・プラティニUEFA(欧州サッカー連盟)会長との親密な2ショット写真などが出席者に披露された。

 FIFAの中でも、最も大きな影響力を持つ理事会メンバーのポストを奪還することは日本サッカー協会にとって長年の目標だった。逆説的に言えば、このポストを手に入れない限り、アジアのリーダーとして、国際サッカーの舞台で日本の意思を反映させることは困難だった。

 だから、日韓W杯直後にFIFA理事に当選した際、小倉氏は次のようなメッセージを読み上げたのだ。

 「FIFA理事の厳しい選挙戦を僅差で制することができ、大変な喜びを感じています。

 今回の選挙における最大の勝因は、東アジアサッカー連盟の皆さんが献身的な努力で私を支持してくれたことです。さらには日本が2002年FIFAワールドカップを成功させた事実がアジアの誇りとして評価された結果だと思います。FIFAの理事のポストを確保することは、日本サッカー界の永年の目標であり、それを達成できたということが私の喜びです」

 実は、小倉氏の当選は日本サッカー界にとっては〝4度目の正直〟だった。1994年には村田忠男氏が副会長選で、97年には川淵氏、98年には小倉氏が理事選に相次いで敗れている。

 アジア随一の経済力を誇りながら、日本人理事が33年も誕生しなかった理由は、代表チームが振るわないことだけではなかった。

 FIFA理事はアジアからは、AFC(アジアサッカー連盟)内の選挙で選ばれる。当時、AFCに加盟していた国と地域は44。ところが東アジアは9カ国・地域しかなく、13カ国の西アジア、12カ国の東南アジアの候補者に敗れることが常だった。

 アジアの選挙を勝ち抜き、日本人がFIFA理事会でポストを得ることは至難の業だったのである。

 FIFA理事となった小倉氏は温厚な人柄とビジネスマン時代に培った交渉力で、めきめきと頭角を現した。

 印象的な仕事をひとつ紹介しよう。05年6月、日本代表が北朝鮮に勝ち、ドイツW杯出場を決めた時のことだ。

 ホーム&アウェーの原則からすれば、開催地はピョンヤンのはずだった。にもかかわらず試合は、なぜかタイのバンコクで行われた。

 実は、この2カ月前、北朝鮮当局はホームでのイラン戦で一部観客が起こした暴動を煽るという失態を犯していた。それを報じる現地の新聞を手に入れた小倉氏は、ブラッター会長に「ピョンヤンでの試合は危険だ」と進言して開催地が変更されたのだ。

 日本代表にとってアウェー戦を中立地のタイで戦うのと、異様な雰囲気の北朝鮮で戦うのとでは天と地ほどの差がある。結果、日本は2対0で北朝鮮を破り、W杯3大回連続出場を決めた。

 もし小倉氏とブラッター会長の間に太いパイプがなければ、「第三国開催、無観客試合」という日本にとって願ってもない展開には持ち込めなかっただろう。FIFA理事会内に人材を送り込んだ成果が、ここに現れたのである。

 「サッカーの戦いは、ピッチの中だけで行われているわけではない」

 これが小倉氏の持論だ。別の言い方をすれば、背広組の奮闘なくしてユニホーム組の輝きはないとも言える。

 現在、小倉氏は18年度の完成を目指す「新国立競技場」のワーキング・グループ座長(スポーツ関係利活用部門)として汗をかいている。

 当初、1300億円の予定だった建設費は3千億円に膨らむ見通し。これについて小倉氏は「いくら何でも高過ぎる。予算どおりに計画を進めていきたい」と語っていた。

 世界中のスタジアムに足を運んできた小倉氏の経験と見識を、ぜひ役立ててもらいたいものである。

(文中敬称略)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る