経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

日本の眼科医療支援車両がアジアの被災地でも活動開始なるか!?〜

老けるな!日常生活のメディカル冒険

坪田一男

(つぼた・かずお)慶応義塾大学医学部教授。1955年東京都生まれ。慶応義塾大学医学部卒業後、日米の医師免許取得。米ハーバード大学にて角膜フェローシップ修了。角膜移植、ドライアイ、屈折矯正手術における世界的権威。再生角膜移植のほか、近視・乱視・遠視・老眼などの最先端の治療に取り組む。近年は研究領域を抗加齢医学=アンチエイジング医学に広げ精力的に活動。日本抗加齢医学会理事、日本再生医療学会理事など。著書に『老けるな!』(幻冬舎)、『長寿遺伝子を鍛える』(新潮社)、『ごきげんな人は10年長生きできる ポジティブ心理学入門』(文春新書)ほか多数。

 

眼科医療支援車両の活用のため台風ヨランダの被災地へ

台風ヨランダで甚大な被害を受けたフィリピン・レイテ島の被災状況。(写真:坪田一男)

台風ヨランダで甚大な被害を受けたフィリピン・レイテ島の被災状況。(写真:坪田一男)

 2014年の年明け、米国中西部では大寒波が続き、3500以上の航空便に遅延や欠航が出たとか。一方、その頃僕は、気温30度以上のフィリピンにいた。

 残念ながらビーチでバカンスというわけではない。昨年11月にフィリピン台風30号(=台風ヨランダ)で甚大な被害を受けたレイテ島を視察するためだ。

 僕は3年前の東日本大震災の時、被災地を巡る眼科医療支援車両「ビジョンバン(Vision Van)」を米マイアミ大学の友人から借り受け、3カ月間、被災地で移動診療を行うというプロジェクトを実行した。実に3700人の方へ眼科医療を届けることができたことは、本当にうれしく思っている。

 災害時には、生死を分けるような大けがや症状を救うための医療が最優先される。これは当然のことだ。しかし、被災から一定の時間がたち、環境が落ち着いてくると、「見る」ことができないことの不便さを痛感するようになる。

 例えば、被災によって眼鏡やコンタクトを失った人は、日常生活でもいろいろと不便を感じるだろうし、復興活動はもちろん、新聞やテレビで情報を得ることさえ難しいだろう。

 実際、僕たちが届けた老眼鏡を掛け、震災後初めて新聞を読んだおばあさんの笑顔を忘れることはできない(この活動記録はYouTubeにもアップされているので、ぜひご覧ください。 http://www.youtube.com/user/MissionVisionVan)。

 この活動の実績を受け、日本眼科医会では国家予算を獲得し、日本製のビジョンバンも完成。今も東北の避難所を回って活動を続けている。これは、アジアでの災害時には医療支援に派遣することを視野に入れて開発された車両だ。  

 そこで、11月の台風ヨランダの被害報告を受け、さっそくビジョンバンの活用をフィリピン側に打診していたのだが、やっと救急医療の時期は終わり、眼科にもその需要がありそうだということで、視察に行くことになったわけだ。

被災地で十分な眼科診療を届けるために

 マニラから、飛行機で約1時間。レイテ島で僕たちを出迎えてくれたのは、アメリア先生というフィリピンの女性眼科医。耳鼻科の旦那さまと一緒に車で島のあちこちを案内してくれた。

 被災前は11人いたというレイテ島の眼科医は、現在1人。他の先生はマニラやセブに一時移住してしまい、唯一残った眼科医が、アメリア先生だ。彼女1人だけでは、避難者すべてに十分な眼科診療を届けるのが難しいのは明らかである。オペ室のある病院にも足を運んだが、施設にしても、医師の数にしても、全く足りてはいない。

 僕たちのビジョンバンは、高度な検査機器もしっかり搭載している。ぜひ、レイテ島でも活用してほしいと心から思った。

 そして、実際に現場に足を運び、自然が起こすパワーの大きさに、またもや言葉を失った。10㍍くらいの波が沿岸部に押し寄せ、木造建築はすべて押し流されていた。コンクリートの建物でも、窓ガラスはすべて破壊され、中にはコンクリートなのに土台しか残っていないものもある。

 事前に約6千人が避難していたというタクロバンのホールも例外ではなく、何と半数の約3千人が押し寄せた海水に沈んで亡くなったそうだ。その建物では、今でも多くの人が避難生活を送っていた。

 膨大な数の避難者を前に、僕もどのような支援ができるのか、アメリア先生や現地の病院のディレクターと多くのディスカッションをした。

 これから、日本サイドでの調整も続け、2月には活動が開始できればと考えている。

 最後の日。フィリピン眼科学会の先生方と食事会をした。フィリピンでは、多くの女性が働いている。大統領にも既に2人も女性が就任しているし、食事会にも多くの女性医師が参加していた。

 みなさんとお話をしてみると、それぞれ子どもが3人か4人いて、子育てをしながら働いているそうだ。おいしいフィリピン料理を食べながら「お家でも、こんなお料理するのですか?」と聞いてみたところ、「もちろんシェフが作るわよ」と一笑に付された。

 女性が生き生きと社会で活躍するには、まだまだ日本にはリソースが足りないな、とも感じた視察の旅だった。

★今月のテイクホームメッセージ★

被災地に眼科旅を!

筆者の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る