経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

台湾の故宮博物院の博覧会

視点

 台湾との友好議員連盟は、超党派で衆参合わせて265人を擁する大連盟で、小生が会長をしている。この議員連盟では両国懸案の事項について実務者会議をつくり、関係省庁を集めて、数々解決してきた。ノービザの実現、ワーキングホリデーの実施、台湾の札幌事務所の開設、航空路の羽田︱松山(台北)便の就航、オープンスカイの取決め、日台特許ハイウエーの覚書署名、日台民間相互承認取決め締結、長い間、問題であった漁業交渉の進展等々、枚挙に暇のない程、実績をあげることができた。

 ご承知のように、東日本大震災の折には、人口が2300万人の台湾は民間主体で、200億円の義捐金を供出してくれた。台湾でのアンケート調査で、台湾の人々は断トツで日本が好きという結果が出ている。日本への観光客も、299万人であって、人口1億2千万人の日本も全くかなわない数である。北海道や石川県にもたくさんの人々が訪れ観光に大きな影響を与えてくれている。

 最近のビッグニュースといえば、故宮博物院の文物の展示が、日本で可能になったことである。実現のためには日本での法整備が必要で、議員連盟で努力をして、「海外美術品等公開促進法」と「美術品補償制度」ができた。日本での受入れ態勢が確立し、ようやく明年の6月24日から9月15日までの12週間、東京国立博物館で、10月7日から11月30日までの8週間、九州国立博物館で開催されることになった。出品作品は231点で、特筆すべきは、書画、陶器等の美術品のほか、門外不出といわれる「翠玉白菜」と「肉形石」が初めて海外で展示されることである。

「翠玉白菜」は翠玉(ヒスイ)の原石の色を生かし、白菜とそれに乗るキリギリスとイナゴを見事に彫り出した逸品で、台北の故宮博物院でも一番の人気で、長蛇の列ができる程である。「肉形石」は肉汁がしたたり落ちそうな豚の角煮に見えるが、実は玉でできている。これも「翠玉白菜」に劣らぬ人気文物なのだ。これらの実現ができたのは台湾側の日本に対する好意の表れと見ている。日本側もこれに応えて、2016年10月から17年1月まで、台北の故宮博物院南分院で、東京博物館、九州国立博物館の所蔵品による交流展「日本美術の粋東京・九州国立博物館精品展」を開催する運びとなった。台湾の人々は、日本の文化を非常に愛してくれているので、たくさんの人々が見に来てくれるに違いないと確信している。

 国宝クラスの文物も日本から持ち運ぶとのことで、とても立派な博覧会になると思っている。これからも両国の絆は深まっていくだろう。先日、双十国慶節のお祝いに、私が団長で、34人の国会議員で台北へ行って祝賀式にも参列した。不仲を伝えられている馬英九総統と王金平立法院院長が、祝賀会場でにこやかに何回も握手している姿を見て、これなら決定的な対立にならないと安心をしたのであった。日本と台湾は戦後、同じ価値観の中で交流してきたが、1972年に、不幸にも国交は断交状況になった。実際の関係は強固なものがあり、これを大切に今後も両国の発展親善のために努力していきたいと思っている。

 

視点 記事一覧はこちら

平沼赳夫氏 関連記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る