経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

今、ネット投票を支持しない理由

夏野剛の新ニッポン進化論

まずは投票の日時と場所を変えよ

 ネットによる選挙運動は解禁されることになりましたが、ではネットによる投票はどうすれば良いのか。ネット選挙に関する次の議題として挙がってくるのは確実でしょうから、今回はこの点について述べたいと思います。

 ネット投票の導入で期待されているのは投票率の向上です。現在は日曜日に地域の学校施設などで投票が行われていますが、ネット投票を可能にすることで利便性を高め、政治に関心が薄いとされる若年層の政治への参画意識も高めようという狙いがあります。

 しかしながら、僕はネット投票の早期実現を積極的には支持していません。意外に思われるかもしれませんが、これには2つの理由があります。

 まず、ネット投票の導入の前に、他にもやるべきことがあるということです。

 若い世代の投票率の低さの原因として、政治意識の低さという要素ももちろんあるとは思いますが、そもそも日曜日は若い世代にとって極めて重要な日であるという点を考慮すべきだと思います。

 投票日が日曜日になったのは、高度成長期には大半の人々が月曜から土曜日まで仕事ざんまいの日々を送っていたため、投票に行ける日がそこしかなかったという事情があります。でも、現在は休みが平日の人も多いし、家族で旅行に出掛けたり、ゆっくり家でくつろいだりする時間として日曜日は非常に重要です。

 そう考えると、投票はむしろ平日に行ったほうが投票率は上がるのではないかと思います。さらに、投票できる時間帯も朝7時から夜12時までとすれば、会社員も仕事帰りに投票所に行けるようになります。

 投票場所についても、小学校や中学校はむしろ不便な場所にあることが多いので、例えば大都市では駅で、地方ではショッピングモールなどで投票できるようにすることを提案します。これらを変えるだけで投票率はかなり上げられると思うし、企業によっては投票日をノー残業デーにするところも出てくるかもしれません。

 そして、これらと並行して投票場でタブレットPCによる電子投票を行えば、開票作業にも時間がかからなくなります。人手による開封作業と違い、12時に締め切れば12時1分にはすべての結果が出てくるというわけです。自宅からネット投票を行うのと違って、投票所で係員の指導の下に行われるので、セキュリティーの面からも導入は難しくないでしょう。

 もし、これらの施策により投票率が上がれば、あえて在宅でのネット投票はやらなくても済むわけです。

高価で使いにくいシステムが導入される

 2番目の理由は、システムへの過剰投資の懸念です。

 ネット投票のシステムを構築するとなると、非常に高いセキュリティーレベルが要求されると思いますが、こうした場合どうしてもオーバースペックになりがちです。しかも、選挙は年に何回も行われるものではないので、経済効率が非常に悪い。システムを提案するベンダー側も、できるだけ重装備のものを提案したほうが受注額が上がるため、必要以上に高いセキュリティーを実装する可能性が高くなります。

 さらに、こうしたシステムにはユーザーインターフェースの概念も入り込みにくいので、非常に使い勝手の悪いシステムが導入されることが予想されます。ユーザーにとってみれば、事前登録を行ったり、電子ID発行の手続きを踏んだりと、面倒なことが増えるため、かえって投票率は上がらない可能性すらあるのです。

 ですから、本来は第三者委員会のようなものをつくって、行政機関やシステムベンダーとは懸け離れた視点でスペックを決めるべきですが、実際には難しいでしょう。結果的に、とてつもなく高価でとてつもなく使い勝手の悪い、大企業のイントラネットのようなシステムが出来上がることが懸念されます。システムベンダーは儲かるかもしれませんが、これで果たして本当に国民の利益になるか、と言えば疑問を抱かざるを得ません。

 当面はまず簡単に手を付けられるところから変えていき、その上でネット投票の仕組みをどう構築するかという議論を行っていくほうが賢明でしょう。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る