経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

静かな農業体験ブーム 農園の活用に乗り出す自治体(東京都国立市、くにたち市民協働型農園の会)

地域再生の現場を行く

農業体験のほか、農園で婚活パーティーも実施

  農業とは最も遠い存在といわれる東京で、農地に親しみ農業を楽しむ生活スタイルが広がっている。家庭菜園でプチ農業を楽しんでいた退職者が体験農園で本格的な農作業を始めたり、若い女性が平日に仲間と野菜づくりに精を出したり、農園内で地場野菜の料理パーティーを開いたりと、農を生かした暮らしがブームとなる様相だ。農業への都民の関心が高まる中で、農のあるまちづくりに乗り出す自治体まで現れている。

 JR南武線の谷保駅から車で約10分、国立市谷保地区は市街化区域ということもあって、周辺は宅地化が進み、物流施設なども立地して農地がどんどん減っている。ここでナシ園を経営していた農家から5年契約で農地を借り、2013年3月に新しい農園を開いたのが「くにたち市民協働型農園の会」だ。

 農園の名前は「はたけんぼ」。約800平方㍍の農地には区分けした畑や水田に広場、炊事場などが備わる。野菜づくりなど農作業だけに特化するのではなく、収穫祭や農家との交流会、料理教室、婚活パーティーなど多種多様な企画を都市生活者に提案、都民が気楽に参加し交流できる新手の居場所づくりに役立てるのが、目指す姿だ。

 農家や事業家など4人で設立した農園の会のメンバー、小野淳さん(39歳)はこう言う。「野菜を作って売るだけが農地ではない。イベントを開くなど、市民参加の農園を作り新しい都市農業の在り方を模索したい」。

「はたけんぼ」が取り組んでいる活動は4つ。第1は年3回開く農園祭だ。ジャガイモの植え付けや野菜の種まきなど春の行事と、秋の収穫祭などが中心で、会費制だが、都民なら自由に参加できる。市民が農家と交流したり農地に触れたりする機会を作り、東京の農業の実態を知ってもらうのが目的だ。

 第2が畑会員の活動だ。農地を8坪ごとに区分けし年6万円で貸す事業で、対象は法人や市民団体に限定。大塚製薬や市内のパン工房など7件の契約が決まっており、社員の家族を招いた食育教室や農作業を通じた新人社員の研修会、婚活パーティーなどに活用されている。

農園を核に市民が交流

「はたけんぼ」が取り組む3つ目は「田んぼ会員」の募集だ。会員は小学生以下の子どもがいる家族が対象で、年会費は1万円。13年度は20家族の募集に対し、22組が応募した。

 会員になると、稲作作業を1年間、体験できる。代かきや畦塗り、田植え、草取りと家族そろってお米作りに参加し、秋には脱穀して収穫を祝うという趣向。レク気分で稲作が体験できると喜ぶ会員が多いようだ。

 第4が農園マスターの養成講座。市民参加型農園の開設を目指す人や就農希望者を対象に講座を開き、都市農業を守る人材を育成するのが狙い。講座数は年10回、受講料は年5千円で、受講生は8人ほどだ。

 このほか、農園の広場を借りて各種イベントを催す市民が尻上がりに増え出した。環境教室を行う幼稚園、小麦を作って自前のパンやうどんに加工する市民団体、外国人留学生が交流するバーべキュー大会など、16件の催しが広場で実現した。

「はたけんぼ」への参加数は13年度で1千人に上る見通し。「農業への都民の関心は高い」と小野さんらは手応えを感じており、14年度の参加目標を倍の2千人に設定している。こうした状況に刺激を受け、国立市も「農業、農地を生かしたまちづくり」事業と取り組み出した。

 まずは市内城山地区に14年12月、建築面積132平方㍍の交流施設「城山さとの家」を完成。その周辺5千平方㍍を農業公園とし、体験農園やモデル農園を整備して農地の減少を食い止めたり、市農業の付加価値を高めたり、農園を核に市民が交流したりする農園ライフを、市民に提案していく考えだ。

自治体も後押しする農業体験農園

  都市部の住民に非常に人気があるのが農業体験農園だ。1996年に東京都練馬区で最初に誕生したといわれるが、市民のニーズに合致してその後、東京だけでなく大阪や名古屋などに伝播して行った。誕生からほぼ20年たった今なお、東京では体験農園の開設意欲が衰えていない。東京都東久留米市で14年春から本格的に動き出す体験農園もそんな1つだ。

 農園の名前は「グリーンファーム東久留米」。市内南町の10㌃ほどの畑に29区画(1区画30平方㍍)の耕地を確保し、野菜の本格栽培に興味のある市民に、農体験の場と機会を提供している。利用料金は年4万3千円。2回行った利用者募集で全区画がほぼ埋まる人気ぶりだ。

 ここで注意を要するのは、体験農園と市民農園とでは仕組みが異なるという点だ。市民農園は一種の貸し農園で、市民が好みの野菜を自由に栽培できるのに対し、体験農園では勝手に耕作したり栽培したりできない。

 体験農園はあくまで農園主が土づくりをし、種や苗、肥料、農機具などをすべて揃え、年間の作付け計画も作成する。それに沿った品目を栽培するわけだ。要は体験が眼目なのだ。手ぶらで行ける気楽さも魅力だが、農家が随時、講習会を開き、実地で指導もしてくれるので、栽培技術を磨けるのがミソである。

 グリーンファーム東久留米でも25品目の作付け計画を策定済みで、ここで1年間体験すれば、大抵の野菜の栽培技術を身に付けることが可能という。

 日本人の生活は豊かになり、市民の嗜好の変化は大きく変化している。消費や余暇への関心はモノからコトへシフトしているのが現実だ。都民が農のある生活に興味を示すのも、そうした嗜好の変化を物語るものだ。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る