経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

新型iPhoneが与える影響とは

夏野剛の新ニッポン進化論

新型iPhone発売で国内市場でキャリアが横並びに

 NTTドコモがついにiPhoneの販売を開始しました。

 産業競争戦略の視点から見ると、ドコモからの当面の顧客流出を防ぐという短期的な効果はあると思いますが、中長期的にはますます各キャリア間の差がなくなり、土管化(通信事業者がサービスや端末を提供せず回線を提供するだけの状態)が進んでいくと思われます。一方、これまでアンドロイド端末を供給してきたメーカーはドコモ向けを中心に展開してきたところが多いので、戦略の見直しが必要になってくるでしょう。

 ネットワークの「質」という点で見ても、昨年ソフトバンクにプラチナバンドが割り当てられたことで、キャリア間でつながりやすさの差がなくなってきています。

 こうなると、ユーザー数が多いキャリアのほうが逆に不利になる可能性すらあります。以前はエリアにおけるつながりやすさに差があることが問題でしたが、それが解消された今は、一定のエリアに多くのユーザーを抱えているほうがつながりにくくなるということもあり得るのです。この点でも、ドコモの圧倒的優位性というものはもはやなくなったと言えます。

 取り扱う端末でもネットワークの質でも差別化できないとなると、相対的にシェアが小さいキャリアが積極的に料金競争を仕掛けてユーザーを獲得しようとしてくるでしょう。こうしてユーザーのキャリア変更が進めば、いずれはドコモ、au、ソフトバンクの3社でシェアを仲良く3等分する形に収斂していくのは確実です。市場均衡に向かう流れには、抗えないように見えます。

 そういうわけで、今、各キャリアに問われているのは、競合との差がなくなった状態でどんな戦い方を選択するかということなのです。

 既に三者三様の戦略が実行されつつあります。例えば、ソフトバンクはスプリント買収によって、主戦場を米国まで広げました。つまり戦う土俵そのものを変えたのです。今後、ソフトバンクにとってドコモやauは、日本という1つのマーケットの中での競争相手にすぎず、AT&Tやベライゾンなどのより大きな敵と戦うことになります。

 ドコモは携帯端末周辺のサービスではもはや差別化が難しいので、周辺事業となるEコマースなどに進出しようとしています。また、auはケーブルテレビと端末に両方加入すれば料金が安くなるといったパッケージングサービスの強化に取り組んでいます。こうした取り組みはNTTグループでは実行しにくいため、1つの差別化と言えるでしょう。

 しかし、それぞれの戦略には課題があるのも事実です。

 ソフトバンクの場合は、これまで孫正義社長の強烈なリーダーシップのもとに動いてきましたが、海外まで市場が拡大した今は、1人ですべてをこなすのは不可能ですから、孫さん以外にマネジメントができる人材をどれだけ育成できるかが鍵となります。

 ドコモに関して言えば、新規事業は相当大きな覚悟で進めないと大きなビジネスには育てられないので、通信事業から離れたビジネスにどれだけ人材と資金を投入できるかが課題だと思います。auは単に価格面の優位性をアピールするだけでなく、消費者に分かりやすい商品のパッケージングが必要になってくるでしょう。

指紋認証システムは新型iPhoneよりガラケーが先だった

 一方、端末を提供するアップルの側も盤石ではありません。

 先日発売になったiPhone5sと5cを見ると、ユーザーインターフェースがかつてと違い、ちょっと平面的な印象を受けます。少なくともスティーブ・ジョブズが健在だった時は、アイコンの特殊性やお洒落さでは群を抜いていて、これがiPhoneの人気の理由でもありました。

 とはいえ、ユーザーインターフェースは慣れの問題なので、実際に使ってみるとあっという間に慣れてしまいましたが。

 1つ残念に思うのは、今回iPhoneに初めて搭載された指紋認証システムを、世界で初めて携帯端末に導入したのは実は日本のガラケーだったということです。

 ガラケーを作っていたから日本は競争に負けたなどと言われていますが、ガラケーのさまざまな技術を海外勢が参考にして、スマホに搭載しているという事実をもう一度考え直すべきではないでしょうか? iPhoneの絵文字もiモードの絵文字を参考にして作られていることを考えると、非常にもったいない話です。

 高い技術を持ちながら、それを世界的な競争に生かせなかった日本企業は大いに反省すべきでしょう。

 

【iPhone】関連記事一覧はこちら

【政治・経済】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る