経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

日本維新の会にあって

視点

 日本維新の会が発足して7カ月余りになる。

 この間、都議会選挙、参議院選挙があった。小生も連日、都内を飛びまわり、全国を駆けめぐった。本年の夏は文字通りの酷暑で、上着とネクタイ着用の行動は大変だった。新潟の応援の折、ゲリラ豪雨に遭遇し、生涯で1千回以上、街頭演説をしている小生にとって初めての経験だった。篠突く雨とはこのことで、集まってくれた聴衆に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

 都議選では34人立候補して当選2人、橋下共同代表の慰安婦の発言が微妙にひびき、負けであった。参議院選挙は8人の当選を獲得し、それまでの3議席が9議席と3倍になったので一応の勝利と言えると思う。

 マスコミはこぞって「日本維新の会、失速、東西の対立が激化」と囃し立てたが、現状は党勢劣化では決してないと確信している。先の通常国会の折、日本維新の会に憲法調査会を結成、多くの議員の参画を得て侃々諤々と議論をして中間発表をマスコミを集めて発表した。マスコミは内輪揉めならすぐに記事にするが、日本維新の会の憲法の中間報告に関しては1行も書かなかった。現憲法は1章から10章まであり、それに前文と非常事態を加えて、14回にわたって、遂章的に議論をして、まとめたのであった。

 参加の国会議員も熱心で毎回20人を超える議員が出席をし、学者にも法制局にも出席してもらい、しっかりとまとまったものにした。いずれ、さらに議論を進め、前文を含めて国民の皆さまの期待に十分応える憲法案を世に出したいと思っている。

 先の国政選挙で自民党が圧勝し、野党の存在価値が無いようにマスコミは喧伝しているけれど、日本維新の会は衆参合わせて62議席、決して小さい政党ではない。自民党は変わったという錯覚があるが、33年代議士をして、25年自民党の代議士であった小生、自民党はまるで変わっていないと思っている。安倍―福田―麻生と続いた自民党政権は、党首の支持率が10%を切り、党の支持率も20%を切り込む状況であった。

 国民有権者の大半は、1回くらい良いではないかと民主党政権を誕生させた。3年3カ月、民主党は滅茶苦茶な政治をしてさらに日本を駄目にしてしまった。そして自民党が再び出て来たのであった。

 現在の選挙制度では、支持率47%で議席の7割以上を占め、無効票が5割を超える。自民党は国民の嫌悪した派閥政治に回帰しつつあり、消費税、原発、TPP、集団的自衛権等々、問題が山積している。

 私はこの日本の政治を立て直さなければと痛感している。それには政界再編がぜひとも必要である。62人の日本維新の会が中心になって、幅広く連合を進め、保守基調の正しい政治を打ち立てなければならないと思っている。政治の状況を見ると、今回が1つのチャンスであると感じており、目下、いろいろと着手している。臨時国会が開催されたら同志と力を合わせ、日本のための政界再編に一生懸命努力していく決意である。

 皆さま方のご叱正を請う次第である。

 

視点 記事一覧はこちら

平沼赳夫氏 関連記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る