経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

高速道路のルールはこう変更しよう

夏野剛の新ニッポン進化論

高速道路のルール変更案①追い越し車線に最低速度制限を設ける

 少し前に古屋圭司・国家公安委員長が交通速度規制の現状について疑問を呈したことがありましたが、今回は高速道路のルールについてモノ申したいと思います。

 今年の夏も、行楽地に出掛けて渋滞に巻き込まれた人がたくさんいることでしょう。まず、日本の高速道路の問題点は、速度規制が現実に全く見合っていないことです。制限速度80㌔と表示されていても守っている人はほとんどいないし、実際にその速度で走ったら全く効率が良くありません。建前のルールと本質的なルールの違いがよく分からない設定になっているので、一度完全に見直したほうがよいと思うのです。

 例えば、道路交通法上は、追い越し車線は追い越し時にだけ走行するものとなっているはずですが、実際には厳密に守られていません。3車線ある場合、普段運転に慣れていないドライバーが追い越し車線を走っていたりすると、そこが一番混み合って、一番左の一般車線が空いていたりするケースが多々見られます。つまり、高速道路の有効利用ができていないということです。

 渋滞の原因の多くは、上り坂などで速度がキープできない車がいることなので、そうした車はできるだけ左側車線を走るように運用しないと、せっかく3車線設けてもすぐに詰まってしまいます。

 そこで、3車線ある場合の追い越し車線は「最低速度制限がある車線」に変えてはどうでしょうか。その車線では巡航速度を100㌔以上に設定し、原則的にトラックなどの大型車や、軽自動車、オートバイなどを通行不可にします。そうすることで、乗用車を中心とした高速走行が可能な車が整然と100㌔以上で走ることになり、健全な状態になるのではないかと思います。

 一方で、最高速度と最低速度の見直しをきちんと行って、新しく決まった最高速度を上回った場合は、厳しく摘発していきます。もちろん、捕まえること自体を目標にするのではありません

 「80㌔制限なら大体100キロくらいまで大丈夫かな」といった曖昧な判断が通用しないようにするのです。これで随分と渋滞は解消できると思います。事故が発生しやすいのはむしろ低速走行の時なので、案外、速度制限そのものをなくしてもうまくいくかもしれません。

高速道路のルール変更案②カープールレーン制度の採用

 次に、東京など大都市周辺の高速道路に関しては、米国でカリフォルニアなど人口が多い州において導入されているカープールレーン制度の採用を提案します。

 プールレーンを走行する場合は1台の車に2人以上が乗っていなければならないという仕組みで、業務用の車に1人で乗っているような場合は、そのレーンを走れないというものです。このやり方は米国では広く受け入れられています。

 カープールはもともと社会全体の燃料効率を向上させる目的で設けている制度で、例えばプリウスのようなハイブリッド車は運転者が1人で乗っていてもOKといった例外措置が設けられています。違反者の摘発も厳しく行われているので、ルールは厳しく守られています。連休期間中はもちろんですが、平日でも上り坂など渋滞が発生しやすい区間で同制度の採用を検討してはどうでしょうか。

 また、ワシントンDCのダレス空港に行く道では、かなり手前から空港に向かう車専用の走行レーンが設けられていて、一度レーンに乗ってしまうとなかなか降りられません。だから空港へのアクセスは非常にスムーズです。日本でも成田空港に向かう道はすぐ渋滞するので、同じようにできないものかと思います。

 東京は非常に公共交通網が発達していますが、都心に乗り入れる車の多くが1人乗りの乗用車であるということが分かっています。効率性を高めるためには、大都市においては車の保有コストを高くして、公共交通機関を利用したほうが得になるということを、もっとアピールしていくべきです。

 自動車業界は反対するかもしれませんが、今や自動車産業の日本市場依存度はどんどん減っているので、国全体として考えればそのほうがいいでしょう。

 シンガポールやロンドンといった大都市では、都心部に自動車で乗り入れるための許可証が有料だったりします。このように世界各地で行われている車の乗り入れ制限を、東京こそが最も真剣に検討しなければいけない時期に来ているのではないでしょうか。

 日本はエネルギーを他国に大きく依存しているからこそ、自動車の効率的な走行に関して最先進国であるべきだと思います。

 

夏野剛氏の記事はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る