経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

産官学、文化の連携で成長する関西を

鳥井信吾氏

フェスティバルホールを擁する中之島フェスティバルタワー

フェスティバルホールを擁する中之島フェスティバルタワー

グランフロント大阪 ナレッジキャピタル部分

グランフロント大阪 ナレッジキャピタル部分

 アベノミクス効果で成長の兆しが見えつつある日本と関西経済が、今後、成長軌道に乗れるかどうかは、独創的、創造的な製品・サービスをいかに生み出せるかにかかっている。また、他国と違う独自性のある歴史・文化に根ざした街づくりを通じて、ヒト・モノ・カネを日本の各地に呼び込めるかにかかっている。そのためには、東京一極集中が進む中、関西・大阪は、若者・女性が活躍できる風土づくり、そして魅力ある街、若者が集う街になることが不可欠である。

 

新しいイノベーションを関西から

近大マグロの店「近畿大学水産研究所」

近大マグロの店「近畿大学水産研究所」

最先端技術が集まるThe lab.

最先端技術が集まるThe lab.

 大阪・関西においては、昨年、多くの新しい芽が出てきた。「グランフロント大阪」「あべのハルカス」、「フェスティバルホール」等の大型施設が次々とオープン、関西国際空港のLCCも話題となった。どれもアベノミクス以前に計画されたもので、それが今、花開いている。大阪・関西には底力が強くある。

 関西で最後の一等地と言われる大阪駅前の「うめきた」に、「グランフロント大阪」がオープンしたのは昨年4月。その中核施設「ナレッジキャピタル」では、オープン以降、企業や大学、研究機関の交流が盛んに行われている。世界初の完全養殖クロマグロである近大マグロの店は連日予約が殺到し、ロボットや次世代美術鑑賞といった最新技術が展示されているラボでは、一般の生活者の声を技術開発に反映させる場としての活用が進んでいる。さらに、会員制の「ナレッジサロン」では、経営者や研究者、芸術家等、当初の予定を大きく上回る1500名以上の会員が登録、会員同士の交流で新しい商品が生み出されるなど、目に見えた成果が出てきている。大阪・関西には昔から「義理・人情」、「他人のことを放っておけない」「おもてなしの心」「本音で話す」といった独特な気質、精神文化がある。ナレッジキャピタルは、まさにこの関西・大阪人の気質をうまく引き出す最新鋭の施設であり、企業や組織の枠を超えて、人と人、アイデアとアイデアをつなぐ場といえる。

 今年も、「あべのハルカス」の全面開業やUSJの新アトラクション「ハリーポッター」オープンと、集客が期待される話題が目白押しである。「和食」の世界無形文化遺産登録も、懐石料理発祥の地、関西には追い風となる。これらを単独のものとして終わらせるのでなく、産官学、文化が連携し、さらには農業・漁業等ともうまくコラボレーションし、大きなうねりにしていくことが重要である。

 

「みどり」「ワールドマスターズゲームズ」で大阪・関西を国際都市に

「うめきた」2期区域

「うめきた」2期区域

「うめきた」2期区域は、関西経済同友会が12年来主張してきた「みどりのオープンスペース」の方向で、昨年、民間提案募集の1次公募が始まった。国内外の40事業者から応募があり、うめきた2期への期待の高さがうかがえる。ニューヨークにセントラルパークがあるように、国際的に発展する都市に「みどり」は欠かせない。21世紀の都市のキーワードは自然と共生する「質の高い生活」であり、100年の大計に立ち、大阪の玄関口にこそ大規模な「みどり」を展開し、自然や季節を感じられる心地よい都市空間となるよう、今後も働きかけていきたい。

 また、2021年の「ワールドマスターズゲームズ」開催に向けた取り組みも、オール関西でスタートさせねばならない。これは、国際オリンピック委員会認定機関が主催する世界的な生涯スポーツの国際競技大会である。ツーリズムの側面が強く、観光資源や文化資源の豊富な日本・関西にとっては、その強みを活かし、アジア、世界へとアピールする最大のチャンスとなる。2019年ラグビーW杯、2020年東京オリンピック・パラリンピックに続き、2021年のワールドマスターズゲームズを日本・関西活性化の起爆剤とすべく、盛り上げていきたい。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る