経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

江戸しぐさに見る「いきなはからい」とは

江戸しぐさ

「いきなはからい」と大岡裁き

 江戸のスローガンとも言える、目に見えない美意識である〝いき〟を、〝はからい〟という目で見える心遣いで体現する「いきなはからい」という思草(しぐさ)は、江戸っ子らしさを鮮やかに表す、日本人の美徳ですね。

 時代劇「大岡越前」などでおなじみのいわゆる「大岡裁き」は、まさに、いきなはからいそのものと言えるでしょう。これは、江戸時代末期の作とされる古典落語「三方一両損」(別名「三方目出度い」)という演目にも描かれています。

 神田白壁町に住む左官の金太郎が3両拾い、落とし主である大工の吉五郎に届けた。しかし、吉五郎は「いったん落とした金だから、もう自分のものではない」と、金太郎に突き返してしまう。一方の金太郎も「せっかく届けたのだから受けとるのが筋だ。この金はもらえない」と啖呵を切って聞かない……。

 やせ我慢と意地っ張りで一歩も譲らない江戸っ子同士のやりとりは、ついに大岡越前守の裁きに委ねられることになります。

 大岡越前守は、問題となっている〝3両〟に自分の金を1両足して〝4両〟にしました。そこから〝2両ずつ〟ふたりに渡しこう言います。

「両者とも本来なら3両受け取る資格があるが、2両しか受け取れない。よって1両の損となる」自分を含めた3人が1両の損をする「三方1両損」にして解決するという噺です。

 誰もが同等に少しずつ負担しているのにもかかわらず、実に爽快でストンと腑に落ちる結末だと思いませんか?

 合理的でスマートな「大岡裁き」は、人の上に立つ者の行動哲学である「江戸しぐさ」としても、「いきなはからい」を象徴する振る舞いとして、目上、年上の者が目下、年下の者に向ける心のあり方であり、方法論を伝えています。

 

「いきなはからい」は人づきあいの隠し味

 

〝いき〟を説明するほど〝野暮〟なことはないと言われますが、さて、どんなことが〝いき〟なのか、あえて考えてみましょう。

①恩着せがましくなく、気遣いを相手にわからせない配慮をする

②相手が喜んでくれるならば、自分は少々犠牲になっても一肌脱ごうという意気込み

③道理にかなっていて、機転が利いている

④世のため人のためをモットーに、そうすることで自分が生き生きと輝いていると感じる

 いかがでしょうか? 〝やせ我慢〟を格好良さとする価値観は、さすが江戸っ子ならではです。

 現代にも通じる日本人らしさは、江戸町方の心意気に根付いていたのですね。時にはスマートにいきな演出をはからって、身近にいる大切な人たちの心を惹きつけることも紳士の役目かもしれません。いきなはからいは、人付き合いの隠し味にもなりそうです。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る