経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

オリンピックに見る日本企業の美学

経済万華鏡

勝利より美学を優先する日本

 オリンピックが終わった。日本選手は結果を出した選手もいれば、出せなかった選手もいる。期待された選手ほどプレッシャーに負け、メディアに注目されなかった選手が結果を出したことが多かった。

 これは世界共通で、メディアや国民の世論というのは邪魔だ。

 しかし、オリンピックに見られる日本特有の現象が1つある。それは、選手が勝つことを最大の目標としないことだ。

 オリンピックは参加することに意義があるというが本質は戦いだ。相手よりも上に行き、金メダルを取る。メダルと騒ぎ過ぎるメディアは鬱陶しいが、それは本質ではある。戦いなのだから、勝つことがすべてだ。

 ところが、日本選手は勝つことに貪欲でない。自分が満足する滑り、演技であればそれでいい。試合後のインタビューでも、自分のやりたいことができたので、力は出せたので、結果は出なかったけれど満足です、と答える。そして、われわれはそれを素晴らしいと思い、美しいと思い、選手にとってよかったなと思う。

 これは日本だけだ。実力なんか発揮できなくとも勝つことが勝負の世界であり、競技である。しかし、日本人は勝つことよりも美学を優先する。それが日本だ。美しい。

日本企業が美学を大事にしつつ儲けるためには?

 企業も同じだ。日本企業の最大の特徴は、儲ける気がないことだ。

 儲けを最優先するより、顧客に喜んでもらい、従業員に満足してもらい、経営者も自己実現を図り、愛すべき素晴らしい製品、サービスを提供する。それが企業として本望だ。

 結果として企業が永続し続ける。それが理想形だ。

 これは非常に美しい企業哲学だが、世界市場で戦った時には負ける。

 素晴らしい製品よりも売れる製品が必要なのであり、毎日の戦いの中で、株価を上げ、投資家から資金を調達し、世界各国の市場で提携企業、取引先に受け入れられ、消費市場を席巻する。

 それには、ライバルに勝つことが必要であり、美しい哲学よりも、勝つこと、儲けることが最優先の企業には勝てない。だから、素晴らしい製品を作っていても、世界では衰退していく。これが日本企業だ。

 私は、このような日本企業が好きだ。ただし、そのような日本企業が世界市場で生き残っていけるかどうかは別問題だ。

 日本企業が、これまでの企業哲学を変えることはできないだろう。だからこそ、同じ哲学で、儲けるインセンティブを外から強化するメカニズムが必要なのだ。

 それがコーポレートガバナンスなのであり、新しい日本企業の経営スタイルとすることが必要だ。ビジネスは戦いなのである。

 

【オリンピック】関連記事一覧はこちら

【政治・経済】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る