経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「駕籠(かご)止めのしぐさ」

江戸しぐさ

 その時代の首都である江戸で事業を成功させることは、どんな商人にとっても大きな目標でした。日々切磋琢磨して働き、店が繁盛して暮らしが良くなってくると、人を訪問するときなどの移動手段には、現代のタクシーにあたる「駕籠」を利用する豊かさを得ました。1つのステータスであり、今でいうセレブの証しです。

 駕籠は、公家や武家が乗るような、装飾が施されて引き戸が付いている高級なものに関しては乗物(のりもの)と呼ばれて区別されていましたが、時代がたつにつれ職業としての駕籠屋が増え、たとえ庶民であっても、街角で待っていて客を乗せる町駕籠、辻駕籠を活用できるようになったのです。

 当時、駕籠屋はお客の目配せや鼻の動きで合図しているのを見て、駕籠を止めていたといいます。大声を出したり大げさな態度で呼び止めたりしないのが、ごく当たり前の常識として捉えられていました。目引き鼻引き合点のしぐさと言い、お互いの暗黙の約束事として成立していたのです。

 また、駕籠から降りるときは、訪問先の少し手前で停めるのが礼儀でした。相手の家の前や玄関先の真ん前まで駕篭を乗り付けるのは、はしたないことと見られていました。

 現代の常識でもほぼ変わらないことが言えると思いますが、当時は、駕籠を利用するのは、庶民であっても商人などの中でそれなりの立場と財を持っている人でした。

 もし玄関先に駕籠が停まれば、誰が来たのか、何事かと大袈裟になり、出迎えの人に気を遣わせてしまうでしょう。また、自分にそのつもりがなかったとしても、周囲に豊かさを誇示しているような印象を与えてしまう可能性もあると考えたのです。

 さらには、どのお屋敷から出て行き、どこに入っていくのかをあからさまに他人に見せてしまうのは不用心で、とても物騒だと考えられていました。少しでもそうした危険を避けるためにも、けっして忘れてはならないことは「謙虚さ」を心掛けることでした。

 謙虚な態度はそのまま危険を避ける行動にもつながります。謙虚さを忘れたとき、それまで努力して培ってきた地位も財もが一気に崩れてしまうことがあると考えたのです。

 立場や役職が上にいけばいくほど、その転がり落ちる幅も速度も大きくなってしまうことを見通し、〝あらゆる〟危険から身の安全を守ることも、商人のトップを目指し、維持し続ける者にとって必要不可欠だと考え、自衛のための謙虚さと相手への心配りを実践していたのです。

 江戸しぐさでは、これを「駕籠止めのしぐさ」といいました。謙虚さは日常の危機管理と考える江戸のいきな知恵ですね。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る