経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

安倍内閣のキーマンに聞く「日本が言うべきこと」--菅 義偉氏(内閣官房長官)×徳川家広氏(政治経済評論家)

徳川宗家19代の政治経済評論家、徳川家広氏が「公人」である政治家の横顔に迫る新企画。第1回は、菅義偉官房長官。安倍内閣の屋台骨を支え、政権のキーマンである菅氏の生い立ちから日本のスポークスマンとしての覚悟を聞いた。(文=徳川家広、写真=葛西 龍)

徳川家広・政治経済評論家

徳川家広・政治経済評論家

徳川 経済界創業者の佐藤正忠氏は、その昔、先生の郷里の秋田県から選挙に出たこともあります。落選しましたが、長官はその選挙を覚えておいでですか。

 確か、秋田2区でしょう。記憶にありますよ。秋田には何の地盤もなくて、無所属で出ましたよね。

徳川 もうその頃から、政治が好きでいらしたんでしょうか。

 そうですね。選挙は好きでしたよね。

徳川 佐藤主幹の出馬は、大きなニュースでしたか。

 そう記憶しています。田舎の出身で東京に出て頑張っていて、地元には伝手やコネが何もない人が出馬するっていうのは、なかなかないんですよ。著書もたくさんありますよね。それで印象がすごく強いんです。

徳川 長官は、秋田から選挙に出ようとはお考えになりませんでしたか。

 いや、それは考えませんでした。それこそ、しっかりとした地盤がないと、なかなか難しいと思います。

徳川 秋田からお若くして上京、大変苦労をされたと伺っています。青年時代の心の支えをお聞かせいただけますでしょうか。

 私は昭和23年の生まれです。私たちの世代が若かった頃、地方は非常に貧乏でした。ですから、とにかく田舎から早く出たい、東京へ行けばなんか良いことがあるんじゃないかと。日本がちょうど右肩上がりで、そんな雰囲気が漂っていた時だったものですから。私は農家の長男坊でしたが、家出同然で東京へ出てきた。そこから人生が始まるわけです。

徳川 お生まれからすると、上京は昭和41年頃ですね。東京オリンピックの直後です。ベトナム戦争が始まって、ものすごい賑わいがあった。初めての東京は、どんな感じでしたか。

 高校を卒業してから上京してすぐ、学校に紹介された町工場に就職するわけですけれども、まあ、現実は思っていたのとは、まるで違うわけですよね。厳しかった。この時、ここでこのまま一生を終わりたくない、という思いが芽生えてきました。何カ月かで、そこの工場をやめて、2年間アルバイトをしてお金を貯めて、法政大学に入ったんです。1回だけの人生だから、好きなことをするべきなんじゃないかという思いが強かったですね。

徳川 政治の世界に入ろうと、具体的に第一歩を踏み出されたのは、いつでしょうか。

 大学を卒業後、就職をしておぼろげながら世の中が見え始めて、「やっぱり政治かな」「政治の世界に飛び込んで、そこで何か自分が生きていた証しを残したい」と思うようになりました。時間はかかりましたね。政治の世界には伝手がなかったので、大学の就職課に行って法政大学OB会を紹介してもらい、OB会の事務局長の方から、法政大学出身の政治家を紹介してもらって、ようやく政治の世界にたどり着いたんです。

菅 義偉内閣官房長官の初めての選挙とは

徳川 それで、小此木彦三郎(元通産大臣)氏の事務所へ。どんな方でしたか。

 けじめとか基本を大切にする人でした。繊細で、箸の上げ下ろしまでうるさかったけれど、ひとたび信用すると、何でも任せてくれましたね。

徳川 その時期に御実家に帰ることは考えましたか。もし秋田に帰っておられたら、どうなっていたとお考えでしょうか。

 どうだろう。どこか小さな町の市長さんになれるかどうか、そんな感じだったと思いますね。政治をやっていれば、ですよ。地盤がなければ、県会議員なんて絶対になれない土地ですから。

徳川 初めて選挙に出られたのは、横浜市議会ですよね。

菅 義偉
(すが・よしひで)
1948年秋田県生まれ。内閣官房長官。衆議院議員。法政大学卒業後、代議士秘書、横浜市議を経て96年衆議院選挙で国政に。以後6期連続当選し、総務大臣、自民党選挙対策総局長、組織運動本部長を歴任。著書に『政治家の覚悟―官僚を動かせ』(文藝春秋)がある。

 そうです。38歳の時ですね。地元で頑張っていると応援して下さる方も出てきます。いろいろな人が見てくれているんですね。それで市会に出ろという声が少しずつ出てきたんです。思えば、そこから一日も休まずに突っ走って来た感じです。

徳川 官房長官としては、過去のどなたかを模範として念頭に置いておられますでしょうか。

 梶山静六官房長官に可愛がってもらいました。剛腕とかいろいろ言われましたが、先見性のある、素晴らしい政治家でした。

徳川 先見性というのは、例えば金融危機の際の梶山プランなどでしょうか。

 そうです。あの時、梶山さんは「日本は銀行が多過ぎる。そのうち黙っていても1つか2つになる」と予言していましたね。当時、私の感覚では住友と三井が1つになるなんて、あり得なかった。そういう、びっくりするような予見力のある政治家でした。

菅 義偉内閣官房長官の健康法とは

徳川 激務をこなされる上での心構え、健康法をお教えください。

 野党になってから14㌔、ダイエットしました。今、3㌔くらい戻しましたが、現状の体重を超えないようにしています。夜9時に会合が終わった日には、スポーツクラブに行くようにしているんですが、なかなか叶いません。会合は2つか3つ重なりますから。

徳川 ダイエットの秘訣は、スープカレーだと伺っています。

 そうです。それと、よく歩きましたね。今はSPの方がいますからできませんけれど。当時は、歩いて朝の会合へ行っていました。ダイエットは野党でなければ難しかったですね。でも、行ってよかったと思います。

徳川 ところで、記者会見のコメントについてですが、拝見していますと、対決を恐れないという印象です。

 私が言っているのは、言いたいことの半分くらいでしょうね。歴史問題などの非常に微妙な問題は、慎重に考える必要があります。私の発信が国の発信ですから、例えばアメリカが、それから中国、韓国がどう受け取るかを、常に念頭に置いていますよね。歴史っていうのは、特に難しいんですよ。ただ、日本国民として、日本を代表して発言するわけですから、そしてそれがすぐに海外メディアに載るわけですから、きちっと主張することも大事です。

安倍総理と菅 義偉内閣官房長官との信頼関係とは

徳川 安倍総理は仕えやすい方でしょうか。

 非常に仕えやすいです。総理との関係では、全然疲れないですね。それはやはり総理が2回目だからだと思います。私は「地獄を見た政治家」と言っているんですけれど、第1次政権で失敗して、大変な時期があったわけです。その時、ずっと付き合っていまして。総理と私とは、考え方はほぼ一緒ですし。手法は違うかもしれませんが、方向はほとんど一緒ですね。

徳川 長官は総理に、「今日はこれをする」「明日はあれをする」と相談されますか。

 いろいろな問題がある場合、対応の方針はすべて、総理に伺いを立てています。

徳川 総理から長官へお伺いを立てることはありますか。

 それは、あまりないですね。例えば総理の歴史の発言だとか、誤解されることもありますよね。私は真意が分かっていますから、「こういうふうに打ち消しますよ」と言います。本人も、だいたい「それはそうだろうな」と思っている時に来ますね。

徳川 靖国参拝については事前に相談はありましたか。

 もちろん、ありました。

徳川 長官ご自身は、どうお考えでしたか。

 今回はその時期だと思っていました。総理としては、やはり前回(第1次政権)の在任中に行けなかったのが痛恨の極みだった。衆議院選挙の時にも国民の皆さまにはっきり「行く」と言っていますから。

徳川 安倍総理の靖国参拝以降の日米関係は、想定内でしたか。

 予想の範囲内です。ただ、誇張されて伝わっている面があります。でも日本には日本の、独立国として言うべきことがあります。それは彼らも分かっているんですね。米国政府の、「失望した」というコメントは、そんなことじゃない。日本語と英語のニュアンスの違いがあることは別にしても、中国と韓国にも冷静な対応を求めています。大ごとにするなっていうことなんです。アメリカは中国と、同盟国の日本とは、はっきりと分けていますよね。それに安倍政権は、日米関係を確実に強化しています。例えば、辺野古の基地移転。18年間出来なかったことをやったんですから。それとTPPへの参加表明、後はハーグ条約を締結したこと。去年の2月の日米首脳会談で大きな問題は、この3つでした。これを第2次安倍政権は全部やりましたから。そこの信頼感は、揺るぎないものと思います。

 

【政治・経済】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る