経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

たとえ君がどんな子どもでも

オバマ大統領の英語

オバマ大統領という人物は明らかに米国の教育の産物だ。実の父に捨てられ、母の親元で育てられて高校を卒業後、西海岸で最も古いリベラルアーツカレッジの1つ、オクシデンタル大学に入学し、2年後、ニューヨーク州のコロンビア大学に編入して政治学、特に国際関係論を専攻し、大学卒業後はニューヨークで出版社やNPO「ビジネスインターナショナル」社に勤務。

 その後はニューヨーク パブリック・インタレスト・リサーチグループで働き、ニューヨークでの4年間の後、イリノイ州シカゴに転居し、1985年6月から88年5月まで、教会が主導する地域振興事業の管理者として勤め、88年にケニアと欧州を旅行し、帰国後の秋にハーバード・ロー・スクールに入学している。

 米国では社会人になったり学生になったりは普通だ。初年の暮れに「ハーバード・ロー・レビュー」の編集長に、2年目には『プレジデント・オブ・ジャーナル』の編集長に選ばれた。91年、法務博士(Juris Doctor)の学位を取得、同ロースクールを優等(magna cum laude)で修了しシカゴ大学の法学フェローとなる。非常に勉強のできる青年で、だからこそシングルマザーの子ども、しかも黒人であるというハンディを乗り越えて大統領にまで上り詰めることができたのだ。

 大統領の2期目に入る時、オバマは教育に関して、こう言った。

“At this defining moment in our history, America faces few more urgent challenges than preparing our children to compete in the global economy.

〈歴史における今この瞬間に、グローバルな経済競争の中で子どもをどう教育していくか、という問題が緊急課題となっております〉

The decisions our leaders make about education in the coming years will shape our future for generations to come.

〈今、教育をどうしていくかと各界のリーダーが決めていくことこそが、今後続く世代を取り巻く世界を形作っていくこととなるからです〉

It will help determine not only whether our children have the chance to fulfill their God-given potential or whether our workers have a chance to build a better life for their families, but whether we as a nation will remain in the 21st century the kind of global economic leader that we were in the 20th century.

〈それは単にわれわれの子どもたちが、神より授かった能力を生かし、勤労者がより良い家族との生活を構築していくか、ということだけではなくて、21世紀のグローバル経済の中で、われわれ米国民が20世紀にそうであったように世界のリーダーであり続けることができるかということにもかかわってきます〉

The rising importance of education reflects the new demands of our new world.”

〈教育の重要性の高まりは、この新しい世界の新たな需要を反映させるものなのです〉

この発言から数カ月が過ぎ、いよいよ21世紀の要求する需要に対応する教育策をオバマは打ち出した。高速ブロードバンドを学校に導入する、ということが第一歩だ。去る6月6日、オバマは学校への高速ブロードバンド導入を推進する計画「ConnectED」を発表した。5年以内に、全米の学生・生徒の99%が学校や図書館で100Mbps~1Gbpsのブロードバンド接続を利用できるようにすることを目指す。

“Once all these classrooms are wired for superfast Internet, that means a big new market for private innovation.

〈いったんすべての教室に高速インターネットが敷かれれば、個人個人の革新による大きな市場が出現します〉

“There are all kinds of things I do need Congress to do, and I want to work with them everywhere I can,”

〈いくつかのことについては議会に動いてもらう必要がありますが、私もできる限り、議会と共に働きかけていきたいと思っております〉

 大統領は米連邦通信委員会(FCC)に対し、学校や図書館のインターネット導入促進を狙いとした既存の支援プログラム「E-Rate」の見直しを指示。同じ建物内で、より高速な有線ブロードバンドやモバイルブロードバンドを利用できる設備の導入を促す。

 またConnectEDでは、既存の政府資金を活用して教師にIT教育を行うことも定めている。複数の学校が共同で機器を購入する場合には、大量購入による値引きを受けることも可能だ。

“But where we’ve got an opportunity to just go ahead and do something that’s going to help our young people, help our teachers, help our education system, help this economy, help our middle class, help to create jobs- we’ve just got to go ahead and do it.”

〈しかしながら、もしそれが若者を支援し、先生方を支援し、雇用を促進する助けになる機会があれば、われわれはただちにそれを実行したいと考えております〉

 議会の承認という悠長なプロセスを経ないで今にも取り掛かりたい、とオバマは強調した。

 

[今号の英語]no matter how~
 no matter how~というのは、「どんなに~であろうとも」という言い回しである。
 no matterは「~を問わず」という意味だ。No matter how bad things getと言えば、どんなに悪い状況になろうとも、という意味である。オバマは上記の教育に関する発言の中で no matter howだけではなくて、no matter who「誰であろうとも」、やno matter what「何であろうとも」やno matter where「どこであろうと」とno matterを頻出させた。
“No matter who you are, no matter what you look like, no matter where you come from, every child can learn-every child, every day, deserves that chance,”
〈たとえそれが誰であれ、たとえそれがどんな外見の人であれ、たとえそれがどういう出自の人であれ、すべての子どもたちは学ぶことができるのです。すべての子どもは、毎日、そういう機会を受ける当然の権利があります〉
 たとえ肌の色が黒くても、たとえシングルマザーの子どもでも、まともな教育を勤勉に受けて自己を成長させれば米大統領にもなれる、そういう世界をさらに深化させたいとオバマは考えているようだ。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る