経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

オープン・イノベーションのマネジメント:専門部門の組織化と高い創発性

世界で勝つためのイノベーション経営論

専門部署の組織化により、異なる知識を集約

 オープン・イノベーションの新しさは、外部で生み出された知識や技術を自社のそれと組み合わせてイノベーションを生み出すことにある。オープン・イノベーションでは、組織の境界の外にある経営資源を自社のビジネスのために動かさなければならない。価値を共創する仲間づくりのマネジメントである。これができないとなかなかオープン・イノベーションはうまくいかない。

 イノベーションの背後には必ず新しい知識が存在している。外部で生み出された知識は、自社で生み出されたものとは異なる。パートナーの組織が補完的な経営資源(ここでは知識)を保有しているだけでは、大きな価値の共創は見込めない。異なる知識を何らかの形でやりとりし、共有する必要がある。そこでは、異なる知識を組み合わせ、統合していくためのインターフェースが必要になる。

 今回から3回は、3つのオープン・イノベーションにおける知識マネジメントの在り方を見ていこう。

 第1の知識のマネジメントの在り方は、専門の部署の組織化である。コラボレーションを行う組織の間に専門の部署を組織し、そこに異なる知識のやりとりを集約化し、両方の組織の知識を密接にすり合わせていく。ヒートテックやシルキードライといった大きなヒットを生み出した東レとファーストリテイリングのパートナーシップはこのケースである。

 東レとファーストリテイリングはパートナーシップを開始する際に、東レ社内にGO推進室という専門の部署を設立した。東レにはさまざまな事業部や研究所があり、技術的な知識はそれらの部門に分散している。ファーストリテイリングが、分散する個別の知識を求めて東レの事業部や研究所といちいち交渉していては時間がかかる。さらに、新規性の高いプロジェクトであれば、どのような知識が必要なのか、利用可能なのかを事前に知ることは難しい。そのため、ファーストリテイリングから、コラボレーションの唯一の窓口としてGO推進室の組織化を東レに依頼したのである。

 ヒートテックは、両社がパートナーシップをスタートさせる時に想定していたものではなかった。累計で2億枚以上を売り上げているイノベーションは、まさにこのGO推進室を通じて双方の組織の知識のやりとりと共有化の結果として創発的に生み出されたのである。

想像以上の高い創発性を発揮

 専門の部署を組織化することによって知識のすり合わせをする形は、新規性の高いプロジェクトであればあるほど有効に機能する。新規性の高いプロジェクトであればあるほど、パートナーの組織がどのような知識や技術を持っているのかを事前に把握することは難しい。また、協働を行うそれぞれの組織が持つ知識の体系が異なるほど、知識をやりとりするための共通の言語を構築する必要がある。

 そこで、専門化された組織を通じて柔軟にやりとりをすることが重要になる。専門組織はそれぞれの組織に分散している知識や技術を集約することによって、組織間での知識の探索のコストを低減する機能を果たしている。専門の部署は自社内の技術についての高い専門性を持っているため、パートナーとの密接な情報の交換によって知識や技術の深い探索を行うことができる。また、専門の部署を組織化し、そこに権限移譲がなされれば、パートナーシップに対する大きなコミットメントが組織に芽生える。実際にGO推進室の高いコミットメントはヒートテックの開発において重要な役割を担っていた。

 専門の部門を組織することによる知識のマネジメントは、事前には予想していなかったような高い創発性が期待できるという大きな利点がある。ヒートテックはまさにその成果である。また、パートナーとの関係にも妙があった。繊維において高い技術力と安定した生産能力を持っている東レにとっては、ファーストリテイリングの確度の高い市場情報とその販売力により、それまで蓄積してきた技術を大きく展開することができた。ファーストリテイリングは、東レの高い技術力によって、機能性を前面に打ち出した新製品の開発が可能になった。戦略的な補完関係が構築できていた。

 しかし、このマネジメントには注意も必要である。コラボレーションのパートナーが2社以上になった時には、この仕組みをうまく機能させるのは難しいという点である。多くの組織とのパートナーシップのもとで価値を生み出そうとする場合、パートナーごとに専門部署を組織化することは現実的ではない。また、オープン・イノベーションとは、それまでの探索範囲を超えたところでイノベーションを創り上げていくという側面がある。コラボレーションのパートナーがいつまでも同じ相手では、ニュー・コンビネーションの可能性は逓減してしまう。

 次回は、第2と第3のオープン・イノベーションの知識マネジメントを考えていこう。そこには、多くの組織とともに価値を創り出すための仕組みがある。

 

[連載] 世界で勝つためのイノベーション経営論 米倉誠一郎氏 & 清水洋氏の記事一覧はこちら

【マネジメント】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る