経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

ビッグデータを活用して製作された米国のヒットドラマ

津山恵子のニューヨークレポート

米国で話題のネット配信ドラマ

ネット企業が生んだヒットドラマ「ハウス・オブ・カーズ」に米国テレビ業界は騒然としている

 「えっ、殺人があるの? その先は言わないで。今晩必ず見るから!」と、米国で話題になっている大ヒットドラマがある。「ハウス・オブ・カーズ(House of Cards、カードはトランプの札の意味)」という政治サスペンスで、しかもテレビで放送されているのではなく、オンラインのみで見られるドラマだ。

 主人公のフランシス・アンダーウッドは、連邦下院議員の与党院内幹事。院内幹事は英語でウィップ(ムチ)と呼ばれ、法案可決(野党案なら否決)に必要な票集めをする要職だ。その上、現職大統領の当選に尽力したアンダーウッドは、閣僚のトップである国務長官職を期待していたが、見事に大統領に裏切られた。アンダーウッドの復讐劇に、マスコミの特ダネ競争、中間選挙の前哨戦、妻の浮気など、さまざまな人間模様が絡み合う、どちらかと言えば暗いドラマだ。

 このワシントン版「半沢直樹」は、今年2月にシーズン2の配信が始まり、現在、米国はじめ英語圏の国々で最も視聴されている。

 さらにこのドラマが特殊なのは、オンラインレンタルビデオ最大手である米ネットフリックスが、巨額を投資して制作。テレビ局やハリウッドの映画スタジオといった、伝統的にテレビドラマを制作してきたコンテンツ・プロバイダーではない。ところが、テレビ番組に贈られる賞で最大の名誉であるエミー賞を昨年2部門で受賞。ゴールデングローブ賞でも助演女優賞を獲得した。

 同ドラマの成功が、テレビドラマというコンテンツを独占していた米テレビ局にとって、打撃だったのはいうまでもない。

 同ドラマは「異色」な要素を多く兼ね備えている。まず、総合監督は、フェイスブックの誕生を描いた「ソーシャル・ネットワーク」のデビッド・フィンチャーで、シリアスものが得意な監督だ。下院議員アンダーウッドを演じるケビン・スペイシーは、ハリウッドの俳優であるため、通常はテレビに出演しないが、主役を好演。助演俳優や脚本家も、テレビドラマは手掛けたことがないという豪華布陣だ。

 さらに、シーズン1は昨年、シーズン2は今年2月、それぞれ13話を一括配信した。はまったファンは、13話を一挙に視聴することができる。

 ヒットドラマはビッグデータで生む

 輪をかけて伝統的なテレビ局にショックなのは、ネットフリックスは、ハウス・オブ・カーズがヒット作になることを計算ずくで知っていたという事実である。それは、同社がインターネットサービス会社だからだ。

 ネットフリックスの全世界の契約者は約3300万人。このうち、3千万人の視聴動向を同社は把握している。何を見て、どこで一時停止し、どこで早送り・巻き戻しをするかといった膨大なデータだ。

 また、400万人をサンプルに、同社が配信する映画やドラマに、視聴者が★によるレーティングをする動向を、このほか300万人がログインする時間帯や端末、どんなコンテンツを検索しているのかも調べている。

 この結果、米国のテレビチャンネルでは、ヒット作であっても、再放送されない、暗くて複雑な内容のドラマを求めて、ネットフリックスが利用されていること、ケビン・スペイシーやデビッド・フィンチャーの「シリアス路線」がうけることを、集めたビッグデータが裏付けした。

 同社のチーフ・コミュニケーション・オフィサー、ジョナサン・フリードランドは、米紙ニューヨーク・タイムズに対しこう話す。

 「われわれは、消費者とダイレクトな関係があるので、人々が何を見たいのか知ることができるし、あるコンテンツについてどのくらいの関心があるのかも分かる。それによって、ハウス・オブ・カーズのような作品に視聴者が集まるという確信も得られる」

 脚本家らも、広告主や広告代理店の思惑、視聴率競争とは無縁の状況で、制作できたことを成功の秘密に挙げる。

 従来、ドラマのヒット作というのは、視聴率というサンプル調査の結果と、制作者の経験、そして人気俳優にたよった「錬金術」だった。

 しかし、ハウス・オブ・カーズは、ビッグデータをもとに、まさに視聴者が見たいドラマを的確に作り出した最初の例だ。今後、テレビ業界に及ぼす影響も計り知れない。

 

津山恵子氏の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る