経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

ビジネス成功への道 ~自分より優秀な人を見つけ、考え方・やり方を吸収せよ~

富裕層専門のカリスマFP 江上治

ビジネス成功への道その1 億万長者の金言

 この連載の趣旨は、今は稼ぐ人になっていない人たちが、いかに稼げる人、成功者になれるか、その条件を年収1億円の成功者の流儀を分析して解明していくことにある。

 稼げない人から、とてつもなく稼げる人へ――どうしたら変わることができるか、の追求だ。結局のところ、稼げない人は、稼げない自分を変えていくしかない。私は多くの年収1億円超の富豪たちを観察して、自分を変えるには、

(1)時間の使い方を変える

(2)お金の使い方を変える

(3)付き合う人を変える

 この3条件を満たすしかないと考えている。稼げない時代の生活資源=時間、お金、付き合いを、がらりと総取っ替えするしかないのだ。

 ここで思い出すのは、ビル・ゲイツとウォーレン・バフェットの対談だ。2004年発売のDVD「世界No.1とNo.2の億万長者 世紀の対談」日本経営合理化協会)で、重要なことを発言している。

 バフェットは対談の中で、 「才能のある人々がその能力を発揮できないのは、習慣や性格、考え方が邪魔して合理性を発揮できないからだ」と述べ、ビル・ゲイツは、成功した理由について、「自分よりも優秀な人間と仕事したこと」と述べている。

 この2人の金言は、私が日本の富豪を観察して得た結論と見事に一致している。

 

ビジネス成功への道その2 自分より優秀な人間と仕事を

 バフェットが指摘するのは、習慣が、いかに才能発揮に強く関連するかである。私の観察結果の(1)「時間」、(2)「お金」の使い方というのは、まさに習慣そのものだ。

 間違った時間&お金の使い方という悪習慣を変えない限り、能力を発揮してお金を稼ぐようにはならない。

 特に、ビル・ゲイツの言葉は、稼げない人の対人関係の真逆を表現している。

 つまり、稼げない人というのは、自分より優秀な人と付き合っていないわけだ。

 だから、成功したいならば、私の得た結論の③「付き合う人を総取っ替えする」以外に道はないのである。

 私も人生の師、メンターとして教えを請うのは、「与える人」であると同時に、「自分とは違う、優秀な才能の持ち主であること」を信条にしている。自分とは異なる才能・個性を持ち、かつ優秀な成功者以外から教わることはない。

 ただし、いかに相手が優秀だからといって、もたれかかってはダメだ。理想的な対応は、価値観は共有しながらも、キャラクターの違いをきちんと分かって、その上で教えを自分のものにすることだ。

 

ビジネス成功への道その3 優れた人間を徹底研究する

 これを体現するのが、この連載でおなじみの(株)アースホールディングス國分利治社長への、同社№2である山下誠司さんの対応である。

 山下さんは現在38歳、独立したフランチャイジーの集合体である(株)アースホールディングスの取締役であると同時に、美容店61店舗を展開する(株)サンクチュアリの経営者。同社の年商40億円。

 入社前の年収は180万円。ここから出発し、年収1億円を達成したのは31歳のときだ。入社6年目だった。

 原動力は、優秀なトップ「國分研究」にあったという。

 2人は、価値観は共有するが、キャラクターは全く異なるという関係にある。

 國分さんのキャラは執着心が強く、精神的にも熱い。大所高所からものを見る。片や山下さんは、大らかで物腰もやわらかい。考えも地に足が着いて、緻密だ。

 優秀であり、才能が異なると分かったからこそ、山下さんは徹底的に國分さんを研究した。そうして、考え方、やり方を血肉化したのだ。

 自分より優秀な人間を見つけて吸収することが、成功の近道であるという典型だ。

 

[今号の流儀]

稼げない人は、付き合う人を総取っ替えしなさい。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る