経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

グリップの向きはゴルフのスイング構築を左右する

吉田 洋一郎氏

グリップ向きの修正は打球のバラツキの解決策のみにはとどまらない。グリップの向きこそがスイング構築の方向性を決定する基本要素なのだ。ストロングでもウイークでも違和感のない向きを選び、それに合わせた振り方を認識したい。

スイングの本質的な問題はグリップの向きとコンビネーションに

グリップの向き

左手は第1関節が2個半見える程度、右手は親指と人差し指の間のシワが右肩の頂点を差すのが標準的なグリップ向き

 思うような球が打てないときにゴルファーは「自分のグリップは正しいのだろうか」と、疑いの目を向けます。特に真剣にゴルフに取り組んでいる方ほど考え抜き、悩むあまりグリップを「原点」として正解を求めようとします。

 前回「グリップは指で握る」と説明しました。左手の指の付け根をグリップに横からあてがい、指先をグリップの下に巻き付け、手のひらをグリップの上に軽くかぶせます。そうすると左手の甲は少し上を向きます。中指の第1関節(ナックル)の陰から薬指の第1関節が見えるか見えないか。いわゆる「2ナックル半」が見える。これが現在の理論で標準とされています。

 右も指でグリップを持って手のひらと親指でふたをする。親指を人差し指に沿わせるように間を締めると、間のシワが右肩の頂点を差す。これで、右手のひらが目標を向くフィーリングが持て、フェース面をコントロールできます。

 しかし、これはあくまでも標準であり、基礎となる要素でしかないのです。左手のナックルが3つ完全に見える向きでも2つ目までしか見えない向きでも、全く問題は起きません。なぜなら、本質的な問題はグリップの向きとフェース向きとのコンビネーションにあるからです。手の向きが多少違っていても、構えたときの向きがインパクトを通過する際にタイミングよく再現されれば球はコントロールできるのです。

 逆に、フェースの向きにこだわるあまり「慣れない握り方」で違和感を抱くと、フェース向きの感覚が持てなくなります。その感覚がないからコントロールも効かず、思いどおりの球が打てないのです。

 向きの微妙な違いにこだわるあまり、慣れた握り方を変えると、スイング全体に影響が出ます。それこそ「原点」ですから握る向きの違いで、クラブの操作の仕方が変わってしまうのです。

グリップの向きに合う操作方法を確認してスイングを改造

ストロンググリップ

ストロンググリップは手首の返しを使わずに振るスイングに適している

0520_20140527_CEOgolf_01a
ウイークグリップ

ウイークグリップは手首の返しを積極的に使って球を捕まえる打ち方になる

0520_20140527_CEOgolf_01b

 握る向きとクラブの扱い方とのコンビネーションを正しくすることこそグリップにおける最重要マターとなります。

 左手の甲をグリップの上にかぶせる度合いを強めたストロンググリップの場合、インパクトゾーンでの手首の動きはほとんど必要なくなります。代わりにカラダの回転を大きく早めに使うことで、フェースをスクエアに保ったままインパクトゾーンを通過します。

 逆に左手の甲が目標を向くウイークグリップの場合、遅れてきた右腕がインパクトゾーンで左腕の上にかぶさるように追い越すリストワークを使わなければフェースをスクエアにすることができません。

 そして、その中間のニュートラルなグリップは、動きとしてもそのふたつの要素のバランスをとった振り方が求められることになります。

 違うグリップで、別の動きをしようとしても、整合性が合わないため、安定性は高まりません。優先すべきなのは、違和感のないグリップです。まず自分のグリップ向きを確かめ、それにスイングを合わせることが、グリップの問題を解消する方策なのです。

 慣れたグリップ向きが提示している「どのようなスイングをすべきか」というゴールを見据える。これでスイング改造の設計図がまた一歩明確なものになったはずです。

 

CEOゴルフのポイント

□ 基本はなぜ基本であると言われているのか理解すると本質が見えてくる。

□ グリップ向きとクラブの扱い方の組み合わせを正す。

筆者の記事一覧はこちら

 

 

 

 

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る