経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

ゴルフの神髄 スイング中の拇指球(つま先)重心がスライスを引き起こす

吉田 洋一郎氏

親指の付け根あたりを拇指球と呼び、ここに重心を乗せることがスイングの基本だとする説がある。だが、多くの人はその説明によって、必要以上につま先側に体重を乗せてしまい、それがアウトサイド・イン軌道、つまりスライスの原因になっている。

つま先とかかと

左右の数字は左右の足の前と後ろ、中央の数字は左足と右足の地面を押さえる強さの比率を示す。アドレスとインパクトはつま先とかかとのほぼ中央。トップではかかと側に70%乗っていることが分かる

切り返しのタイミング

切り返しのタイミングでもつま先への加重は小さい。それによってインサイドからクラブが下りてくる

クラブはアウトサイドから下りる

右と同じタイミングでつま先側に体重が乗ると、上半身がかぶさり、クラブはアウトサイドから下りる

ゴルフのスイング中において重心はつま先に置くべきか

 野球やテニスでは基本の姿勢をとる際、重心は親指の付け根や前足部に置くとされます。これらと、ゴルフでよくいわれる拇指球とはほぼ同じあたりのことでしょう。

 多くのスポーツでは、この重心位置が基本とされているようです。どのような方向にでも最も早く動き出せるためと説明されています。

 「スポーツ全般で基本とされているのだから、当然ゴルフでも同じはず」でいいのでしょうか。地面を蹴る(正確には踏む動作ですが)際には、この部分に力がかかっている感覚がありますから、初めからそこへ重心を乗せておけば時間のロスはなさそうです。

 しかし、重心をここに乗せること、ここで地面を踏もうとすることが、ダウンスイングをアウトサイド・インの軌道にし、打球にスライス回転を与えているのです。日本ゴルフスイング研究所に設置した最新鋭の重心測定器のデータがそれを証明しているので、説明しましょう。なお、これはキャロウェイとレッドベターアカデミーが共同開発した装置によってはじき出された理想値と一致しています。

 アドレスで重心をどこに置くのであれ、バックスイングの終わりに重心は右かかとに乗っています。アドレスでカラダの前にあった腕やクラブがバックスイングで回されて、背後の空間に来ているのですから、重心がかかと側に移るのは当然なのです。そして、そのままかかとに重心を乗せておくことが、インサイドからクラブを下ろすためのカギとなります。

 もしトップオブスイングでも重心を足の前側に残そうとすれば、上半身を前方にかぶせる動きが必要になります。クラブの動きは必要以上にアップライトに(垂直に近く)なり、クラブをアウトサイドから下ろすしかできません。右足親指付け根で地面を蹴ることで、右膝、右腰、右肩が前に出ることもこのエラーを助長してしまいます。

ゴルフスイングでバランスを取るために合理的な重心の位置とは

 なぜスポーツ全般の常識が、ことゴルフでは通じないのかと言えば、カラダの移動が伴わない種目だからです。

 そして、足を地につけた状態でカラダを支えながら、バランスを取り続ける必要があるからです。

 バランスを取るには構えた時点では重心を、前や後ろよりも、真ん中あたりに置くほうが合理的です。足の裏のほぼ中央からすねの骨の真下ならば、安定しやすいと実感できると思います。

 イメージ的には土踏まずの真ん中あたり。ただし、重心はここに固定されるのではなく、カラダの動きに応じてその位置は変わる(写真参照)ということについても、同時に認識を書き換えてください。

 

CEOゴルフのポイント

□ スポーツ一般の常識であってもゴルフに応用できるとは限らない。

□ 重心は土踏まずとかかとの間で移動して前後左右のバランスを保つ。

筆者の記事一覧はこちら

 

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る