経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

日本は使用済み核燃料の再処理について再考すべき時期が来た

Energy Focus

核燃料サイクルの概要

なぜ日本は使用済み核燃料の再処理を続けようとするのか

 

核燃料サイクルが生み出す「夢のエネルギー」

 3月24日からオランダのハーグで、核セキュリティサミットが開催されました。ウクライナ問題が盛り上がっている中で、各国首脳が集まるということでニュースでも取り上げられていたので、ご存じの方も多いと思います。

 ただ、その直前に、「中国の高官が、日本に溜まっているプルトニウムなどに懸念を示しており、その問題を核セキュリティサミットで取り上げる」というニュースが流れたことを知っている人は少ないかもしれません。知っていても、このニュースとエネルギーとどのような関係があるのかと思った方もいるかもしれません。

 プルトニウムというのは、核兵器に使われる物質ですが、同時に、原発で電気をつくり出す過程で生成される物質でもあるのです。

 ただ、原発から出てくる使用済み燃料の中では、ウランをはじめ、さまざまな物質と混じりあっている状態となっており、このままでは核兵器に使うことはできません。

 その使用済み燃料を、「再処理」という工程にかけることで、プルトニウムを分離することができます。

 日本では、この再処理を、核燃料サイクルというエネルギー政策の一環として進めてきました。分離したプルトニウムを、ウランと混ぜて、新しい燃料を作り、再度、発電の燃料にするというのが核燃料サイクル政策です。

 それも単なる再利用ではなく、高速増殖炉という原子炉で燃焼させることで、さらにエネルギーがつくられるということで、資源のない日本にとっては、まさしく「夢のエネルギー」と言われていました。

 この政策は、1950年代に、日本に原発を導入しようとした頃から同時に開発が進められ、67年の原子力長期計画では、80年代後半には高速増殖炉が実用化されると書かれていました。そして、世界の核先進国でも、高速増殖炉の開発が進んでいました。

経済的メリットがなくなっても核燃料の再処理を進めた日本

 しかしながら、90年代になり、ドイツ、米国、英国、フランスという核の先進国において、高速増殖炉開発が断念されました。

 そうした中、日本だけは原型炉「もんじゅ」を建設し、開発を継続してきました。

 しかし、「もんじゅ」は事故を起こし、実質、高速増殖炉路線は難しくなってきました。そこで、生まれたのが「プルサーマル」という再処理した燃料を、普通の原子炉で燃焼させるという発電方法です。しかし、この場合は、リサイクルの効果はほぼ失われ、経済的なメリットはないと言えるでしょう。

 それでも、4月11日に閣議決定された震災後初めてとなるエネルギー基本計画の中では、「再処理を推進する」と明記されています。

 なぜ、高速増殖炉は難しくなり、再処理の経済的なメリットもなくなっているにもかかわらず、再処理を続けようとするのでしょうか。

 その理由として、高レベル放射性廃棄物の量が減ることなどが挙げられますが、あまり説得力のある説明とは思えません。

 あえて言えば、再処理工場がある青森県や六ヶ所村など、地元自治体との約束があり、また、これまで、政府が正しい政策としてやり続けてきたことを否定できないといった指摘のほうが説得力はあるかもしれません。

 

世界の安全保障に影響する使用済み核燃料の再処理問題

 そして、一般的にはあまり意識されていないかもしれませんが、この問題は、決して、日本のエネルギー政策だけの問題ではないのです。

 日本は、国際社会から、核燃料サイクルが順調に進み、プルトニウムが消費されることを前提として、商業用の再処理をすることを国際的に認められてきました。その一方で、前述したとおり、プルトニウムは核兵器の原料となるため、いろいろな国が再処理を行うことに対して、国際社会はとてもセンシティブです。

 実際に、韓国や南アフリカなどの国が、日本が再処理をしていることを例に挙げ、自国でも再処理を行うことを認めるように主張しており、それは核不拡散を目指している国や個人からすると、再処理ができる国が増えることは望みません。

 それが、冒頭に書いた中国高官の発言につながるのです。そして、「核なき世界」を目指すということでノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領から見ても、核不拡散にとってマイナスになることは望まないでしょう。

 このように、一見、日本のエネルギー政策の問題、しかも、その中でも、原発そのものの是非ではなく、どちらかといえば付随的な問題ととらえられがちな使用済み核燃料の扱いが、世界の安全保障にも影響を与えていることも理解しなければなりません。

 日本はこれまでのように再処理を推進すべきなのか、あるいはここで立ち止まって考え直すべきなのかということを、あらためて考えるべきではないでしょうか。

 

筆者の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る