経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

ゴルフで腰痛はなぜ起きる?スイングで腰椎を捻ろうとするから負担が増大する

吉田 洋一郎氏

「スイングは上半身と下半身を折り曲げたまま捻る運動。腰に負担がかかるため、腰痛は避けられない」と考える人は多い。だが、それは腰の回転を腰椎部分で作ろうとしているため。正しくは胸椎と股関節を使う。そのための構え方を説明しよう。

脊椎

脊椎は頸椎、胸椎、腰椎からなる。腰椎の下にある仙骨と尾骨は骨盤の一部。腰椎と胸椎の境目が大きく回旋することをイメージする

ゴルフで腰痛が起きる場所は?

 ゴルフは腰に悪い運動だという説は正しいのでしょうか。私の見解は違います。身体構造を理解し、合理的な構え方で正しく動くならば、ゴルフスイングで腰を痛める危険はごく小さく抑えられるのです。

 誤った構えの代表例は腰を立てたまま落とし、背中を丸めてクラブヘッドをボールに届かせる形。これでは胴体が回転せず、手だけでクラブを上げ下げすることになります。

 もう1つは、骨盤を前傾させ、同時に胸を張り背筋を伸ばした構え方。背中の下部が反って張る感覚があり、アスリート的に「頑張っている」雰囲気があるため、これが正しいと勘違いしがちです。が、この勘違いと負荷こそが腰痛の原因になっているのです。

 腰痛が起きる場所は、骨盤のすぐ上の部分。そして「胴体を捻る」という言葉で連想する動きも、この部分をひねることだと思います。しかし、この部分は構造上、回旋という動きには不向きなのです。

ゴルフによる腰痛を防ぐには腰椎ではなく胸椎を回旋させる

 脊椎は上から7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎に分けられますが、これらはすべて同等に機能しているのではありません。骨盤のすぐ上にある腰椎は、全部合わせて左右に5度程度しか回旋できない構造なのです。つまり反らせて動きを悪くしたうえでこの部分を回旋しようとすることは大きな負担となります。

 それに対して、胸椎は中心軸を保って大きく回旋させることができる構造です。つまり胴体の捻転に際し機能するのはいわゆる〝腰=骨盤と腰椎〟ではなく胸椎、特に腰椎との境目部分と股関節なのです(股関節については次回説明します)。

 胴体を十分に捻転させるには、脊椎全体を自然な状態にすること。脊柱は頭の重さを支えるためにS字状にカーブを描く構造ですが、それをキープすることが重要です。

理想的なポスチャー

背中上、下部ともにニュートラルな理想的なポスチャー(姿勢)。脊柱の自然なS字も保たれ、ストレスなく捻転できる

 どこにも力が入らないよう注意して「気をつけ」の姿勢をとり、脚の付け根で折る。こうすれば背骨が自然な状態のまま骨盤ごと前傾できます。

 そして、骨盤のすぐ上を限界まで反ってみましょう。次は逆に同じ部分を丸めます。これら両極端な限界値の間に前にも後ろにも負担がかからないニュートラルなポジションがあります。さらに背中の上部についても、丸める限界値と反る限界値を確かめ、ニュートラルに戻します。

 どちらもニュートラルは、ピンポイントでなく、ある程度許容範囲があります。その中で心地よく感じられれば正しいと了解してください。

CEOゴルフのポイント

□ 身体構造に沿った合理的な構えと動きの理解が大切。

□ 腰椎を捻るのではなく、背骨全体の回旋と股関節を使うことが捻転の正体と知る。

筆者の記事一覧はこちら

体感を確かめておく

背中上部と下部を反らした状態と丸めた状態。その間のニュートラルな状態の体感を確かめておく

骨盤下にある股関節を使うのが正しい

「腰を回す」動きは腰椎を捻るのではなく、腰椎は保持し、その上の胸椎、そして骨盤下にある股関節を使うのが正しい

 

 

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る