経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

新たにJ3が加わり底辺拡大目指すJリーグ 問われるブランド力を落とさない具体的方策

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

「Jリーグのブランド力を落とすことなく、底辺を広げていきたい」と語る大東和美・Jリーグチェアマン

「Jリーグのブランド力を落とすことなく、底辺を広げていきたい」と語る大東和美・Jリーグチェアマン

 ワールドカップで4度の優勝を誇るイタリアのプロサッカーリーグはセリエAをトップに4つのカテゴリーで編成されている。

 ワールドカップ3度優勝のドイツもプロリーグはブンデスリーガを頂点に4つのカテゴリーからなる。

 ピラミッドの頂点を高くしようとすれば、当然のことながら底辺を広くしなければならない。

 人間だって、そうだ。上半身も大切だが、アスリートにとって、もっと大切なのは下半身だろう。下半身の強化なくして栄光なし――。そう言い切っても、過言ではない。

 5大会連続でワールドカップ出場を決めたサッカー日本代表。近年、これほど目覚ましい成長を遂げた国はない。

 その原動力となったのが1993年にスタートしたJリーグだ。94年のアメリカ大会こそ〝ドーハの悲劇〟により涙をのんだが、それ以降の大会は、すべて出場を果たしている。

 Jリーグ誕生前は、どんなに代表チームを強化しても、ワールドカップには届かなかった。83年にプロ化(現Kリーグクラシック)した韓国の後塵を拝し続けた。

 Jリーグを創設した目的として、世間にあまねく広まったのは「豊かなスポーツ文化の振興及び国民の心身の健全な発展への寄与」だが、協会関係者の本音はこちらだった。

 「日本サッカーの水準向上及びサッカーの普及促進」

 要するに韓国に勝ってワールドカップの本選に出場したいということである。

 しかし、それを前面に押し出したのでは、他のスポーツ愛好家からの賛同は得られない。衣の下に鎧を隠したことで、Jリーグの狙いは見事に成功した。

 現在、「地域密着」を謳うJクラブはJ1・J2合わせて40にまで膨らんだ。底辺の拡大が、日本代表という名のピラミッドの頂点を高くしたのは、前述のとおりだ。

 さてJリーグには、2014年度から新たにJ3が加わる。当初は12クラブでスタートする予定だ。

 以下に候補クラブを記す。「聞き覚えがある名前だな。ウチの地元のクラブだ」とヒザを打った向きも多かろう。

 FC町田ゼルビア、ツエーゲン金沢、カマタマーレ讃岐、ブラウブリッツ秋田、SC相模原、AC長野パルセイロ、福島ユナイテッドFC、栃木ウーヴァFC、Y.S.C.C.(横浜)、藤枝YMFC、MIOびわこ滋賀、FC琉球、ヴァンラーレン八戸、グルージャ盛岡、tonan前橋、アスルクラロ沼津、FC鈴鹿ランボーレ、奈良クラブ、レノファ山口。

 既に準加盟承認を得ているクラブは町田、金沢、讃岐、秋田、相模原、長野の6つ。この中で町田、金沢、讃岐はJ2入会に必要なJ2ライセンス取得を目指している。J2ライセンスを取得できなかった場合は、J3の審査対象となる。

 J3の担当理事であるJリーグの中野幸夫専務理事はJ3の設立趣旨について、こう語っていた。

 「Jリーグの(百年構想の)理念の中で、全国に100くらいのクラブをつくっていきたいという基本的な方向性がある。J3は理念に沿ったかたちで数を増やしたい。また、Jクラブの降格チームのセーフティーネット的な要素もある」

 J3が誕生することによってJリーガーは飛躍的に増える。しかし、これには異議を唱える向きもある。

 直言居士で知られる元日本代表のラモス瑠偉だ。

 「J1は14クラブでいいね。そしてJ1の選手だけをJリーガーとして呼ぶべき。今は誰もかれもがJリーガーで、これは選手にとってもよくない。ヘタくそなくせにJリーガーなんて呼ばれていたら、いい気になって努力しなくなっちゃうよ。J1でプレーしたいんだったら〝オマエら、もっと自分を磨いてこい!〟というスタンスも必要じゃないかな」

 ラモスの主張は一理ある。〝オラがまちのJリーガー〟は地域の誇りであり、子どもたちの憧れの対象でもある。

 しかし、石を投げればJリーガーに当たるような状況は、いってみればJリーガーバブルであり、逆に本物のJリーガーのブランド価値を損ねかねない。

 Jクラブの増産、すなわち底辺の拡大は地域振興、日本サッカー強化のためにも大賛成だが、その一方でJクラブやJリーグのブランドを維持する方策も必要だろう。

 J3発足にあたり大東和美・Jリーグチェアマンは「Jリーグのブランド力を落とすことなく、底辺を広げていきたい」と語った。

 問われているのは、その具体策だ。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る