経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

この機会に英語教育の充実を

視点

 本年5月に発表された政府の教育再生実行会議の提言の中に、グローバル化に対応した教育を充実するということで、英語教育の改善についての記述がある。これを受けて、6月に打ち出された日本再興戦略の中に、グローバル化等に対応する人材力の強化という項目が設けられ、初等中等教育段階からの英語教育の強化の必要性が唱えられている。

 グローバル化が急速に進展している。人、物、金そして情報が国境を越え自由に動きまわる時代の中で、国際語となった英語を身に付けることは必要不可欠である。さもないと自分の考えを人に伝えることができないし、人の考えを理解することもできない。TOEFLの国別ランキングで、日本は163カ国中135位となっており、英語教育を早急に改善しなければならない。

 わが国の英語教育を改めなければならないことは、何十年も前から指摘されているが、今度こそ具体的な結果を出さなければなるまい。

 日本の英語教育の最大の問題点は実用性の低さにある。大学卒の人であれば、中高で各3年、大学で4年、合計10年英語を勉強したはずであるが、手紙を書いたり会話をしたり英語でコミュニケーションが可能な人は少ない。

 五十数年前、私が米国に留学した際、外国人向けの英語の講座を履修したが、非常に実践的な教育がなされ大変役立ったのを覚えている。あれから半世紀以上もたっているのに、なぜわが国ではあのような外国のやり方を参考にしないのか疑問に思う。早急に実用性に主眼をおいた教育への転換が望まれる。

 一方、コトバの勉強はできるだけ早くから始めるのが良いといわれている。近年、カリキュラムに英語を加える小学校が増えているのは大変結構なことである。今後、より低学年から英語の教育が行われることを期待したい。しかし、従来の中学校からの英語教育のやり方を踏襲するものでは意味がない。実用性を前提に早くから英語に慣れ親しむことを目的として実施されるべきである。小学校から始める1つの目的は、外国語を恐れさせないということなので、楽しく学べる方法を考えるべきだ。

「小学校から英語を教えなくてもよい。小学校においてはもっと国語、正しい国語の教育に時間を使うべきだ」という意見がある。

 もちろん国語の教育はしっかりやらなければならないが、英語の教育とは両立できると思う。また、いまだに「英語教育は英語を使う人、必要とする人だけに行われればよい」ということを言う人もいるが、グローバル化の進展を全く理解していないと思われる。英語を始終使う人にはさらに勉強してもらわなければならないが、そうでない人たちにとってもコミュニケーションのツールとしての英語が欠くことのできないものになっていることを認識すべきだ。

 

視点 記事一覧はこちら

茂木友三郎氏 関連記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る