経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

人気復活、「ハワイアンズ」5年ぶりに150万人突破(福島県いわき市、常磐興産)

スパリゾートハワイアンズ

スパリゾートハワイアンズ

本場に劣らぬフラダンス、ポリネシアンショーが誘客を支える(スパリゾートハワイアンズ)

ハワイアンズ 大震災で1年近く休館、再開後2年で復旧複配

 東日本大震災から3年余り、施設が深刻な打撃を受けた福島県いわき市のテーマパーク「スパリゾートハワイアンズ」が復活軌道を走っている。2013年度の日帰り客が150万7千人と5年ぶりに大台を突破し、14年3月は17万人超と単月で最高記録を更新した。フラガールの多彩な活動、集客増を狙う巧みな販促活動が奏功したものだが、開業50周年を迎えて地域全体に賑わいをもたらす本格復興への正念場を迎える。

 スパリゾートハワイアンズの中核がヤシの木が茂る常夏のドーム型施設・ウォーターパークだ。その一角にあるビーチシアターで午後1時半、昼のショーが始まった。

 頭と首、手足にレイを着け、色とりどりのスカートに身を包んだ女性たちが軽快なリズムでフラダンスを踊ったかと思うと、陽気なリズムに乗って群舞するサモア・ダンス、男性ダンサーによる火の踊りが登場する。昼のショーで披露されるのは16曲ほどだ。

 5人から10人ほどの女性チームが舞台に登場するたびに、観客は声を出したり踊ったりして楽しむ。打楽器や弦楽器が鳴り響く中で、激しく腰を振るオテアが始まると、観客は一気に興奮し「アロハ!」を連発していた。

 ここの施設は11年3月の大震災と1カ月後のいわき直下型地震で、甚大な打撃を受けた。運営する常磐興産の営業企画スタッフによると、大プールは底に亀裂が生じ、ショーのステージや温浴施設も損壊、主要施設が1年近くも休館に追い込まれた。

 12年2月にやっと営業を全面再開したものの、12年3月期は宿泊客が何と8万5千人、日帰り客も37万人に落ち込み、レジャー部門は12億円の営業赤字に陥ってしまった。先行きが心配されたが、2年後の14年3月期には見事に復活、宿泊客は年間で45万9千人、日帰り客は同150万7千人と社史に残るような好成績を達成した。

 営業企画グループの猪狩光訓マネージャーによると、同期のレジャー部門の売上高は前期比12・1%増の130億円、営業利益は同23・5%増の22億円を確保し、4期ぶりの復配に大きく貢献した。

ハワイアンズ休館中にハード大改装とフラガールの慰問活動

 常磐興産の斎藤一彦会長は「営業再開の際、3年で元のレベルに戻そうと社員にハッパをかけた。数としては2年で何とか復旧できた」と心境を語る。なぜ予想より1年も早く復活させることができたのだろうか。その点を探ると、4つの要因が浮かび上がる。

 第1は施設の魅力を高める対策を休館中に講じたことだ。新ホテル「モノリスタワー」の開業に加え、既存ホテルの客室改装、大プールの修復と改良、ショー・ステージの3割拡張など、ハード面での大規模なリニューアル作戦を100億円掛けて実施した。

 ショーの中身も組み換え、照明と演出をレベルアップして楽しさあふれる内容に変えた。フラガール作詞のオリジナル曲を新たにショーに盛り込むと、口コミで評判を呼び、入場者の拡大に結び付いた。

 第2はフラガールの多彩な活動である。一例が、震災地や避難所をフラガールが慰問する「全国きずなキャンペーン」だ。訪問地は全国で125カ所、公演数が145回にも及び、ハワイアンズの認知向上にかなり成功した。

 13年5月からは、フラガールが全国の小学校を訪れて被災地の体験談を伝える出前授業(「フラガールきずなスクール」)を開始、子どもたちの話題をさらった。

 第3はファミリー層を狙ったマーケティング戦略だ。テレビCMの強化や施設内での機動的なイベントの連発はもちろんのこと、感謝セールや無料送迎バスの拡充強化が入場客を増やしている。無料バスは現在、9路線となり、「首都圏から年15万人の顧客を運ぶ。リピーターも増えている」と斎藤会長は強調する。

 そして、第4が復興支援消費の存在だ。被災地の復興を支援しようと、全国から来る団体客が想定を上回るレベルで続いている。「土産を買い、飲食もしてくれるので、地域は元気になれる」(斎藤会長)。

 ただ、復興支援消費はいつまでも続くわけではない。減少した子ども客を回復させ、リピーターのさらなる拡大や外国人客の新規獲得など、新たな対策が急務だ。そこを見越して、常磐興産は14年度に「オールニッポン感謝祭」と呼ぶキャンペーンを実施、集客増につなげる戦略に出る。

 15年には大きなイベントがある。いわき市での太平洋島サミットと福島県内での観光企画「デスティネーション」がそれだ。同じ年に開業50周年を迎える常磐興産にとって、質量兼ね備えた本格復興への跳躍台に活用できるか否か、まさに正念場と言える。

 

【地域が変えるニッポン】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る