媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

サーベラスのTOB提案を受けた西武鉄道存続に向け、世論喚起の旗を振る--髙橋信一郎(秩父商工会議所会頭・西武鉄道を応援する会 会長)

西武秩父線を走る特急レッドアロー

髙橋信一郎(秩父商工会議所会頭・西武鉄道を応援する会会長)

髙橋信一郎(秩父商工会議所会頭・西武鉄道を応援する会会長)

「西武鉄道を応援する会」を結成しサーベラスに対抗

 沿線住民の生活は西武鉄道が池袋に直通していることが大前提です。今回のサーベラスからの西武ホールディングスへの提案は、これが根底から崩されることになり、地域の生活基盤の存亡にかかわることなので、路線存続のための手を打たなくてはいけないと思っています。

 サーベラス側は路線の廃止を要求していないという報道もありますが、47項目という数字まで挙がっていることから、要求はあったものと理解しています。また、秩父の途中の飯能市においては国際興業がサーベラスの傘下に入り、飯能市からのバス路線の廃止が取沙汰されたという前例があります。

 これらを含めて考えると、西武鉄道5路線の廃止はあり得ないことではないと考えています。路線廃止は非常に困ることなので、地域として一番の先頭に立って反対の旗を振っていく考えです。

 当初はサーベラスのTOBを達成させないため、株の売り手と買い手を仲介することを目指し、「西武鉄道の安定株主をつくる会」を作ろうとしました。しかし金融商品取引法の規制で、われわれが株の売買に直接かかわることはできません。

 そこでわれわれにでき得ることは、世論を喚起して存続のための旗を振ることであると考え、4月19日に「西武鉄道を応援する会」を立ち上げました。法人株主は西武側についているようですので、約1万4千~1万5千人の個人株主に対して、マスコミなどをとおしてわれわれの意気込みを周知徹底していきたいと考えています。

西武鉄道が存続しやすい環境づくりに取り組む

 西武線沿線の商工会議所、あるいは東京都は豊島区などにも声を掛けて参加者を募っています。主要な団体にも会員として加入していただく考えです。

 商工会議所の埼玉県連の合意は取っており、県連と埼玉県の商工会連合会も同調してくれています。上田清司・埼玉県知事も非常に危機感を募らせていて、本会の顧問に筆頭で就任してくれていますし、非常に好意的にバックアップをしてくれています。とにかく組織を大きくして強い影響力を持つことを目的にやっています。

西武秩父線を走る特急レッドアロー

西武秩父線を走る特急レッドアロー

 実際にわれわれが旗を振り上げてから、サーベラス以外に売ってもよいという問い合わせが来ています。われわれにはそういった株主に対して証券会社を紹介することしかできませんが、今後とも法規制の許される範囲内で存続に向けた支援をやっていきたいです。

 また、今回のTOBに限らず、西武鉄道が存続しやすい環境をわれわれ自身がつくらなければいけないと考えています。

 サーベラスの俎上に上るような営業成績では困るので、西武鉄道の利用促進のアピールもしていきます。お陰さまで西武側でも「小田急の箱根」と同じように、「西武鉄道の秩父」という形で宣伝していただいています。

 3月に東急東横線との相互直通乗り入れが始まって以降、西武秩父駅の乗降者数が7%増えました。われわれも西武側の取り組みに応えて、もっと多くの観光客を呼び込めるように最大限の利用促進を含め、路線存続の運動を続けていきたいと思っています。

 西武鉄道がなくなっては困るという想いは地域住民全員が持っています。 (談)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る