媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

真に役立つビジネスマッチングのプラットフォームを確立--長沼善久(BMS理事)

金の卵発掘プロジェクト

「金の卵発掘プロジェクト」は、将来の日本経済を背負って立つ人材を発掘し、日本を元気にするためのビジネスコンテスト。本稿以降は、惜しくもグランプリ、審査委員特別賞は逃したものの、最終審査への進出を果たした候補者5人を紹介する。
「金の卵発掘プロジェクト」フェイスブックページはこちら

交流会の在り方を徹底的に議論

 BMSはリアルとインターネットの両面でビジネスマッチングの場を提供する団体として2012年9月に設立しました。現在、登録会員数は450を超え、理念に賛同していただいた多くの方々のご協力により、1年間で大阪、東京、名古屋、福岡と組織を拡大することができました。目下さらなる会員さまのビジネス支援の強化と規模の拡大を目指して進化しています。

長沼善久

長沼善久(ながぬま・よしひさ)
1982年生まれ。神戸大学経営学部卒。2008年に日本IBMを退職後、10年10月に起業し、広告系システム開発、アプリ開発の事業を主とする株式会社バランスアンドユニークを設立。12年9月、一般社団法人BMS理事に就任。

 世の中には大小問わず多くの「交流会」が存在します。「特定の目的に特化した交流会」、「業界を超えて幅広い人脈形成を目的とした異業種交流会」、または「経営者が自己研鑽を積む場としての勉強会形式の交流会」など、経営者・営業パーソンは、目的に応じてさまざまな交流会に参加しているのが現状です。

 その中で参加者は「既存の交流会のサービスに満足しているのだろうか?」という疑問が、BMS設立のきっかけとなっています。

 多くの経営者や営業パーソンは交流会に参加し、人脈を拡大しようとしていますが、多くの場合、活用されることのない名刺の山だけが残っているのが現状です。

 「売り上げを上げたい」「商品を売り込みたい」という動機で交流会に参加しているにもかかわらず、交流会に参加する費用と時間という投資を有効に活用できていないことについて、BMSでは交流会の在り方について徹底的に議論を行い、1つのルールと2つのツールによって参加者の問題を解決する仕組みを構築しました。まずルールに関して、先に相手にメリットを提供する「先義後利」の考えを啓蒙しています。

1 2