媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

米国3極構想が頓挫 ソフトバンクの次の攻め手

孫正義氏

 ソフトバンクは米国戦略として傘下のスプリントによるTモバイルの買収を進めていたが、その計画を断念した。今後はスプリント単独で米国市場を攻めることになる。厳しい競争環境での戦いに挑むために、ソフトバンクは新たな体制づくりや製品展開を進める。

Tモバイル買収失敗でスプリントは自力成長へ

孫正義

孫正義・ソフトバンク社長

 ソフトバンク傘下の米スプリントは、米規制当局の承認が得られる見込みがないことから、Tモバイルの買収を断念した。

 米国の携帯電話市場は、1位のベライゾン・ワイヤレスと2位のAT&Tの2強が圧倒的で、離れて3位のスプリントと4位のTモバイルが続く。ソフトバンクの孫正義社長は、「2強状態よりも三つ巴のほうが、より健全で激しい競争が起きる」との考えから、スプリントとTモバイルの3位4位連合で、2強に続く第3極の形成を目論んでいた。昨年のスプリント買収後からTモバイルの買収交渉を進め、Tモバイルの親会社ドイツテレコムもスプリントによる買収に大筋合意していたとされる。

 逆に米連邦通信委員会(FCC)や米司法省反トラスト局は大手携帯電話会社が4社から3社に減ることは競争上問題だとして難色を示していた。2011年にAT&TがTモバイルの買収を進めたことがあったが、市場の寡占化が危惧されて規制当局の賛同を得られず頓挫した。孫社長としては、こうした経緯を踏まえた上で、昨年のスプリント買収以降、綿密にロビー活動を行っていたが、買収が成立しなかった場合にドイツテレコム側に支払う違約金の問題もあり今回は買収を見送った格好だ。

 買収交渉が頓挫したことで、スプリントは、Tモバイルに頼らない、単独での自力成長を目指すことになった。しかし、スプリントの置かれている競争環境はかなり厳しい。確かにソフトバンク傘下に入って以降、業績は反転しており、14年4〜6月期決算は、純損益は前年同期の16億ドルの赤字から2300万ドルの黒字に改善した。その一方で、売上高は前年同期の88億7700万ドルから、87億8900万ドルに減少している。また、新規契約数もベライゾンとAT&Tがそれぞれ100万件以上増加、Tモバイルも90万件以上増加したのに対し、スプリントは20万件減少した。上位2強に差を付けられるだけでなく、買収交渉の相手だったTモバイルに猛烈な追い上げを受けている格好だ。

 孫社長も「営業の顧客獲得が全然進んでいない」とスプリントの現状に不満を漏らし、顧客が純減する「1人負け」状態を認めている。

 こうした状況で、ソフトバンクが最近のスプリント事業で注力してきたのが、ネットワークの改善だ。当初からネットワークの改善は1年以上かかることを示唆していたが、スプリントの現場の努力と、ソフトバンクのネットワーク接続率改善のノウハウを組み合わせ、急激に改善。ここにきて他社と遜色ないレベルまで到達しているという。

 自信を持てないネットワークに対して営業攻勢を強めて顧客獲得に動くことはこれまでできなかったが、ネットワークの改善が進んだことで、ここから本格的に営業攻勢に入る。

光明は新CEOの剛腕とシャープ製スマホ

 今後のスプリントの戦略は、ネットワークの改善により顧客獲得に転換することと、経費の効率化をこれまで以上に進めていくことだという。そのための体制づくりとして、ソフトバンク子会社の米携帯電話卸大手のブライトスターの創業者でCEOのマルセロ・クラウレ氏をスプリントの新CEOに起用した。

 クラウレ氏はボリビア出身の43歳。ゼロからブライトスターを立ち上げ、数百億ドルの規模までビジネスを拡大させた。クラウレ氏のことを、孫社長は「販売について非常に強い才覚がある。ストリートファイターそのもので、ソフトバンクとカルチャーが非常に似ている。彼に率いられることで、スプリントは面白い会社になる」と評する。

 孫社長としては、自らの分身として、クラウレ氏の手腕にスプリント事業を委ねる格好だ。早速、クラウレ氏は新料金プランを打ち出し、顧客の流出に歯止めをかけようとしている。

 また、製品面の展開として、ソフトバンク、スプリント、シャープの3社で共同企画・開発したグローバルモデルの新型スマートフォン「AQUOS CRYSTAL」を発売する。ソフトバンクとスプリントにとっては、共通モデルを日米で共同調達することで、部品調達コストを下げ、携帯端末のコスト競争力を強化する。

 シャープにとっては、グローバルモデルで米国市場を開拓するチャンスとなる。8月の新製品発表会には、髙橋興三社長自ら登場するなど、シャープの本気度がうかがえる。グローバルモデルのため、ワンセグやおサイフケータイなど日本特有の需要に対応する機能は非搭載で、なおかつスプリントの主要顧客層である低所得者層を意識し、それほど高機能の製品ではない。機能は抑えつつ、同シリーズの最大の特徴であるディスプレイを極限まで狭額化した「フレームレス構造」を米国市場に問う格好だ。このフレームレスは「クールジャパン」と評価される可能性があり、ソフトバンクやシャープもそこに期待している。

 攻めに転じるスプリントだが、現在の厳しい競争環境を考えると、クラウレ新CEOの剛腕が頼みという印象を受ける。あとはAQUOS CRYSTALがどの程度、受け入れられるかだろう。

(文=本誌/村田晋一郎)

 

【ソフトバンク】関連記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る