媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

モノと人材が両輪となる新たな受託生産サービスのカタチ--小野文明(日本マニュファクチャリングサービス社長)

小野文明氏(日本マニュファクチャリングサービス社長)

小野文明

小野文明(おの・ふみあき)
1959年生まれ。長崎県出身。82年東洋大学法学部卒業、同年ロンシャン入社。その後教育研修会社に勤務。94年タイアップ入社。96年テクノブレーン入社。97年同社取締役。99年テスコ・テクノブレーン取締役。2002年日本マニュファクチャリングサービス(旧NMS)社長就任。04年NMSホールディングス社長就任、社長就任。07年10月ジャスダック上場(現大阪証券取引所)。現在は海外事業展開に積極的に自ら動く。

受託生産サービスで人材のサプライチェーンを構築

 製造アウトソーシングに特化して、着実に業績を伸ばし続けている日本マニュファクチャリングサービス(nms)。受託生産サービス(EMS)に機動性の高い人材サービスを組み合わせているのが特徴だ。

 日本国内に留まらず、中国、ASEANにも拠点を構え、グローバル展開する日本の製造業にとって最適な「モノづくり」の形を実現。現在は日本に人材ビジネス17拠点とEMS工場7拠点、中国に人材ビジネス6拠点とEMS工場2拠点、ベトナムに人材ビジネス2拠点、マレーシアにEMS工場3拠点を構えている。

 グローバル展開を支えているのは、同社が抱える質の高い人材だ。もともとは製造分野を中心とした請負事業からスタートしたが、社長の小野文明氏は、単純な請負や製造派遣が本当に顧客企業や労働者のためになるのか、疑問を抱くようになった。

 「いわゆる下請けの発想ではなく、人材のサプライチェーンを作ろうと思いました」と、同氏は語る。

 世界各地に工場を持ち、為替変動も考慮した上で、一番コストが低い地域で生産して儲けるのがEMSのビジネスモデルだ。日本企業の多くは製造コストの低減を目的にEMSを利用するが、現地の安い労働力を使うだけではいずれ人件費の高騰などで行き詰まってしまう。そこで小野氏が得たのが「モノだけでなく人も動かす」という発想である。

 「例えば、日本人が中国で工場を立ち上げて、そこで教育した優秀な人材が今度はASEANや欧州に行って工場の立ち上げや製造ラインの請負を手掛けていく。つまり、人のネットワークとEMSが連動すれば、人材が育つ上にお客さまも発注しやすくなると考えたのです。仮に人件費が上がっても、それ以上に生産性が高まるのでトータルコストは上がりません。われわれは今、人とモノが両輪で回るような『neo EMS』という業態を作ろうとしています」

質の高い人材育成が特徴

 こうした発想のキッカケとなったのは、2000年代初めに行った中国進出だ。当時、岩手県の自社工場で家庭用ゲーム機器の修理を請け負っていたが、顧客の要望に応えて業務範囲を拡大。だが、技術者を国内で確保しようとしたところ集まらず、中国の有名大学で機械工学や電子工学を学んだ新卒の技術者を正規のワーキングビザで呼びよせた。前例がないため手続きなどで手こずる場面もあったが、何とか扉をこじ開けることに成功する。

 「外国人の技術者派遣の道を最初に切り拓いたのはわれわれなんです」と、小野氏は言う。

 同じく外国人技術者派遣を行う競合も出てきたが、人手を稼ぐためにやみくもに質の低い労働力をかき集めるケースも多かったという。一方、nmsでは技術教育だけでなく、日本語や日本文化なども学ばせて、質の高い人材育成を行ったため、顧客からの評判も高かった。

 「一過性の利益を追い求めることはしません。しっかりした人材を長期にわたって育成、雇用することによって、何年かたてば大きな差が出るのです」と、小野氏は語る。日本国内での中国人技術派遣に続き、中国での人材派遣も開始。海外展開への足掛かりを築いていった。

優れた人材を加え、新たな受託生産サービスの完成形へ

 日本では一般的となった「構内製造請負サービス」だが、海外ではまだこうした業態が存在しない地域も多い。そんな中、nmsは2010年にベトナムにおいて初の事業ライセンスを取得。さらに労働コストが上昇している中国でも、労務派遣業界の基準や法律の検討を行う労務派遣専門委員会のメンバーに、nmsの子会社が日系企業として唯一選任されるなど、存在感を高めている。

 一方で、顧客企業の開発・設計、製造、修理までワンストップで供給する体制を構築するためにM&Aも進めている。家庭用ゲーム機器で培ってきたリペア技術に加え、10年には志摩電子を子会社化、11年にはTKRを子会社化して基板実装の技術を確保。さらに13年には日立MEから、14年にはパナソニックから電源事業を譲り受け、事業基盤の強化に取り組む。

 「設計開発段階から参加できるうえに、電源、基板、修理技術まですべてを保有しているEMS企業は他にありません。ここに優れた人材が加われば、大手が競合でも戦えるようになります。今はその準備を進めているところです」と、小野氏は意気込む。「neo EMS」の完成形に向けて、挑戦は続く。

(文=本誌編集長・吉田浩 写真=西畑孝則)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る