媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

新型iPhone発売にも泰然 ソフトバンクの目論み

ソフトバンクの発売イベントの模様

 米アップルの新型スマートフォン「iPhone6/6plus」が発売になった。大型化や機能向上が好評で初動は過去最高のペースだという。日本でも各キャリア間の販売競争が激しいが、これまでの実績を生かしたソフトバンクが優位に立っており、余裕さえうかがえる。

大型化と機能強化で順調な滑り出し

 米アップルのスマートフォンの新製品「iPhone6/6plus」が9月19日、日本国内で販売を開始した。

ソフトバンクの発売イベントの模様

ソフトバンクの発売イベントの模様

 新製品発表のたびに基本性能が向上しているiPhoneだが、今回の最大の特徴は、画面サイズの大型化だ。iPhone6が4・7インチ、iPhone6plusが5・5インチとなっている。

 スマートフォンは大型化が進み、タブレット端末市場を侵食している。また、大型化したスマホで中国メーカーの台頭が見られる。このため、アップルとしても大型化を看過できない状況にある。Android端末は5インチを超えるサイズが主流になりつつあるが、2007年発売の初代iPhoneから11年発売のiPhone4Sまでは3・5インチ。12年発売のiPhone5では4インチに拡大したが、それでもAndroid端末よりは小さかった。今回のiPhone6で、Android端末と同等となった。

 画面サイズはiPhoneがAndroid端末に最も劣っていた点であるため、これを解消できたことは大きい。実際にiPhone6/6plusの初動は過去最高のペースで推移しているという。

 また、性能面に関しては、カメラ機能の向上がある。センサの強化に加え、iPhone6plusでは光学式手ブレ補正技術を採用している。

 スマホの手ブレ補正処理はソフトウエアで処理する電子式が一般的で、光学式はシャープ製品など一部の採用にとどまる。なおiPhone6には電子式手ブレ補正機能を搭載している。

 光学式手ブレ補正機能はデジタルカメラがスマホのカメラ機能に対してまだアドバンテージを保っている領域なだけに、今回、iPhone6plusに光学式手ブレ補正機能が導入された意義は大きい。iPhoneの影響力を考えると、光学式手ブレ補正が今後のスマホのスタンダードとなり、コンパクトデジタルカメラが駆逐される可能性がある。

1 2