媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

西川新大臣の行動に関係各所は戦々恐々毎朝の行脚が名物に--農林水産省

霞が関番記者レポート

農林水産省

農林水産省

 平日の午前9時頃。衆議院赤坂議員宿舎(東京都港区)から十数人の集団が霞が関までの区間を行脚する光景が目立ち始めた。集団の中心には9月の安倍内閣改造で農林水産大臣に就任した西川公也氏の姿。その前方は秘書官、後方は警護官(SP)が身辺を警護し、その周りを十数人の西川氏の番記者たちが取り囲む。西川氏の趣味であり日課でもある朝の〝ウオーキング〟の模様だ。

 この朝散歩が始まったのは9月5日から。「雨が降らない限りは、朝の散歩は続けます」と記者たちに宣言しており、出張などの要件がない限りはほぼ毎日、議員宿舎から首相官邸や農水省までの区間を記者たちと歩くという。大臣になれば議員宿舎の表玄関に堂々と公用車を乗り入れ出入りするのが当たり前だが、西川大臣は今も裏の通用口を利用するなど、議員時代と変わらない対応をする非常に珍しいタイプだ。

 散歩の合間には議員宿舎近くの喫茶店で記者とサンドイッチなどの軽食をとることも。さらに夜にも記者との会合を開き、杯を交わすことも珍しくはない。その間は笑顔と喋りを絶やさない。71歳の高齢で落選も経験した苦労人なだけに、悲願の閣僚入りを成し遂げ、満悦の様子がにじみ出ているという感じだ。

 西川氏への朝駆け、夜回りに動き出す記者の数は、林芳正前農水相に比べてもはるかに多い。西川氏の前職が自民党の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)対策委員長で、記者たちが欲しがるTPP交渉関連の情報を持っていることもある。だが、西川氏と林氏との大きな違いは、慎重派で失言のない林氏に比べ、西川氏が〝饒舌〟であることだ。

 「何かをしゃべるかもしれない……」。記者たちは戦々恐々としながら、いわゆる「特オチ」をしないよう気を付けているようだ。とはいえ、西川氏も大臣就任後はさすがに失言を気にしてか発言には慎重さが伺える。農水省の幹部も西川氏には「しゃべり過ぎないよう」釘を刺しているようだ。朝の記者たちとの散歩はSPにとっても神経を使う。記者と同じように農水省職員や周辺も戦々恐々としているようだ。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る