媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「シヤチハタネームの技術力を生かして高付加価値商品を」--舟橋正剛(シヤチハタ社長)

「Xスタンパー」など

 1925年に舟橋商会として創業したシヤチハタ。使うたびにインキを継ぎ足さなくても使える「万年スタンプ台」は画期的商品だった。その後、65年にはスタンプ台のいらないスタンプ「Xスタンパー」を発売し大ヒット、超ロングセラーとなった。

シヤチハタのイメージは国内ではスタンプメーカー、海外では筆記具メーカー

-- 海外へも積極的に展開しているようですね。

舟橋 売上比率でいうと、75%が国内、残り25%が海外です。また売上構成比を製品別でみると50%がスタンプ関係で、これはほとんどが国内です。当社は日本ではスタンプメーカーというイメージですが、海外に行くと実は筆記具メーカーのイメージになっています。スタンプ台のいらないスタンプ「Xスタンパー」のほかに、「アートライン」というマーカーやサインペンなどを約90カ国に輸出しています。

舟橋正剛

舟橋正剛(ふなはし・まさよし)
1965年生まれ。92年米リンチバーグ大学経営大学院修士課程修了。93年電通入社。97年シヤチハタ工業(現シヤチハタ入社)。99年取締役。その後、常務、副社長を経て2006年から現職。

-- 海外では日本のような、はんこのニーズは低いのでは。

舟橋 それぞれの国にはんこ事情というものがあって、それに応じてスタンパー事業を展開しています。住所印または「RECEIVED」などのスタンプは各国で高い需要がありますし、サインをスキャニングしてスタンプにする需要もあります。

 当社の海外展開は、68年に米ロサンゼルスに製造拠点となる現地法人を設立したのが始まりです。これを皮切りにマレーシア、インド、中国に現地法人を設立。日本では完全にスタンプメーカーですが、世界的には筆記具メーカーとして知られており、マーカーについてはマレーシア、豪州、ベルギーなどではトップブランドになっています。

-- スタンプ関連商品は、国内では成熟化しているのでは。

舟橋 大きく伸びるものではありませんが、実はかなり商品のリニューアルは繰り返しているのです。インクも染料系から顔料系に切り替わっていますし、ボディも黒一色からカラフルなものも増やし、サイズのバリエーションも豊富です。人気のキャラクターシリーズもありますし、最近では携帯電話などにストラップとして付けられるものなど、市場動向を見ながら商品開発は積極的に行っています。

 メーンのお客さまは、金融機関をはじめとする企業向けです。発売当初から、企業向けのプロ仕様だったので、それが一巡して徐々に家庭に普及していきました。つまりそもそもはBtoBの商品だったのです。

シヤチハタは創業90周年を控えて「あるべき会社の姿」を示します

-- 最近はBtoCにも力を入れている印象があります。

舟橋 実はリーマンショック以降の傾向なのですが、オフィスユースでは、会社がまとめて買うのではなく、個人が買うという傾向があるのです。使用する人が自分で買うので、カラーバリエーションや着せかえパーツのような工夫をしています。

 オフィスで使う場合、最も求められるものは機能性です。しかし、個人が選ぶ場合は見た目の楽しさなど、機能に加えて個性的なものも必要になってきます。また、家庭での利用も事情が違います。家庭では子どもが楽しんで使えるもの、親が子どもに買い与えたくなるようなものが選ばれます。ほかにはシルバー層に向けたもの、介護や看護の現場で使いやすいものなど、利用者のニーズに合わせた商品開発が重要になってきます。

「Xスタンパー」など

圧倒的なシェアを誇る「Xスタンパー」などの製品群

-- はんこという主力商品だけにこだわらないということでしょうか。

舟橋 もともと海外では筆記具メーカーとして認識されています。確かに長年培ってきたはんこですが、次の「これがあったら便利だね」というような商品を、ジャンルを問わず開発していきます。「Xスタンパー」も、「シヤチハタネーム」も、そういった考えで生まれたものです。

 また当社には、製品作りにおいて、素材作りから自分たちで開発する文化があります。例えばスタンプの印面で使うゴムも、いろいろな薬剤や塩を練り込んでインクがうまく流れるものを開発しました。インクにしても独自開発です。製造現場の技術力は高いので、その強みをさらに生かしたいと思います。

-- ペーパーレス化で、はんこの需要も減るのでは。

舟橋 ペーパーレス化は進むかもしれませんが、例えば会社の中で誰がいつ何を認証したのかということになってくると、究極的にはアナログでないとできません。いまだに多くの企業ではんこが使われているのはそういった事情があるのです。だからといって安心しているわけではなく、パソコン上で書類決裁ができる電子印鑑システムもあります。他のソフトを組み合わせてネットワーク上で文書の閲覧、共有化も可能になります。

-- 今後の展望をお聞かせください。

舟橋 来年90周年を迎えますが、100周年、さらに次の100年に向けて、当社がどういう企業であるべきかを常に社員全員で考えています。数値目標はありますが、大事なのは会社のあるべき姿だと思っています。

(文=本誌編集委員・清水克久 写真=佐藤元樹)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る