媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

木下敦・サンユーメディカル社長「すべては患者さんと病院経営のために」

サンユーメディカル社長の木下敦氏

医療機器の販売、医療用システムの構築を主業務とするサンユーメディカル。先代社長の後を引き継いだ木下敦氏は日立製作所のシステム開発の部署で働いた経験を持ち、そのノウハウで会社に新たな息吹を取り入れた。その変革は現在も進行中で、先代とは違った新たな領域を切り拓こうとしている。

 

サンユーメディカルの沿革と事業概要

 

── まず、御社の概要をお聞かせください。

サンユーメディカル社長の木下敦氏。2012年9月、父・木下 靖氏より承継

サンユーメディカル社長の木下敦氏。2012年9月、父・木下 靖氏より承継

木下 当社の設立は1972(昭和47)年で、父が創業したのですが、その源流には祖父の存在があります。戦後間もなく、医療関連の会社を創業したのですが、具体的には東大病院などに通いつめて、使用済みの注射針を集めてきて研磨して納めるというような仕事をしていたそうです。

 祖父の考え方は、「人がやっていないことを率先してやろう」というもので、その精神は今の当社にも引き継がれています。紆余曲折があって、当時の祖父の会社はなくなりましたが、現在の会社は父が興したものです。

── 医療機関が使用する器材の卸業ですね。

木下 医療機器であったり、医療用の材料、例えば手術などで使うさまざまな材料の販売、卸しが主業務です。他には院内の物流管理、そして大学病院などから独立開業される先生向けには開業支援サービスもあります。

 他に、独占的に医療用の「クロックス」の正規ディーラーでもありますし、「Ai-met NEO(アイメットネオ)」という頭蓋変形矯正ヘルメットの開発を行っています。

 

木下敦氏のサンユーメディカル社長就任と新たな取り組み

 

頭蓋変形矯正ヘルメット「アイメットネオ」

頭蓋変形矯正ヘルメット「アイメットネオ」

── 医療用のシステム開発も事業化されているそうですね。

木下 私は大学を卒業後、日立製作所のシステム開発部門で働いていました。その時は、父の後を継ぐと決めていたわけではありません。しかし父が突然、体調を崩したため、私が入社せざるを得なくなったのです。

 その時考えたのは、医療機器の販売だけでは限界があるということです。長年、それ1本でやってきたのですが、当社でも新しいイズムを取り入れなければならない。

 そこで、まず医療用の「クロックス」の正規ディーラー業を始め、「人がやっていないことを率先してやろう」の精神を会社に根付かせました。そして、メーカーに近い発想で頭蓋変形矯正ヘルメットの開発にも取り組んだのです。システム開発もその一環で、現状とは違う新しい分野に挑戦したのです。

── 具体的には、どのようなシステムですか。

作業効率の向上のために創意工夫が求められるピッキング

作業効率の向上のために創意工夫が求められるピッキング

木下 システム開発を始めたのは、今から20年ほど前のことですが、当時、病院経営にいわゆる経営的視点はほとんどありませんでした。

 例えば1人の患者さんから得られる収入は簡単に把握できますが、その患者さんの治療に掛かった支出は分からない。

 また、手術ひとつに掛かった原価さえ、分からなかったのです。経営としてこれは課題であると感じたので、それぞれに掛かった経費や収入が分かるようなシステムを作ったのが最初です。それを手始めに院内の物流管理、運用システムなどの受託開発を行っています。

 収入と支出を明確にして利益を確保するという経営感覚は、今日では当たり前ですが、病院はそれが得意ではない。そこをわれわれがシステム運用という形でお手伝いしたのです。

 現在、当社は組織改正でホールディングスになって、システム開発はクリオ・メディシスという関連会社で行っています。開発する運用システムは特許を取っており、単にシステムの導入だけではなく院内業務のアウトソーシングを受けて、一括で受託することが増えています。

 当社の考え方の基本は、同じ医療に携わる企業として「患者さんのためになる」というのは当たり前なのですが、それに加えて、「病院のためになっているか」という意識を常に持っているかどうかです。

 

木下敦氏が語るサンユーメディカルの未来 

 

── 先にお話がありました頭蓋変形矯正ヘルメットというのはどのようなものですか。

木下 新生児のまだやわらかい頭蓋骨の変形を矯正するものです。これは一つ一つ、オーダーメードです。水頭症などの病気はもちろん、いわゆる絶壁といわれる頭も新生児のうちにこのヘルメットを使えば矯正できますので、徐々に普及してきました。

── 最後に今後の展望をお聞かせください。

木下 基本は、患者さんのためになることを第一に考えてやってきましたが、そうなるとどうしても量よりも質を追求しがちです。しかし、これからは質を維持したまま、量を増やしていかなければなりません。

 将来についてですが、私自身は、実は社長の椅子には全く固執していなくて、5年後には退くつもりでいます。無責任に聞こえるかもしれませんが、その間に、当社が次世代も生き残れるような会社になるべく“大工事”をしたいと考えています。

 例えばその一環が、頭蓋変形矯正ヘルメットやシステム開発なのですが、これらの部門をさらに強化しながら、新しい領域にも挑戦したいと思っています。それが、後継者としての私の任務だと思っております。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る