媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「起業家精神」の文化は絶やさない〜リクルートホールディングスが東証一部に上場〜

峰岸社長

 リクルートホールディングスが10月16日、東京証券取引所1部に上場した。公開価格3100円に対して初値は3170円、終値は3330円。時価総額は約2兆円に達し、三菱重工やソニーなどを上回った。この日は市場が大幅に下げる中、高い注目度をうかがわせた。

 記者会見に臨んだ峰岸真澄社長はこのタイミングでの上場に関して、「財務の多様性や経営の信頼性を確保してグローバルナンバーワンを目指すため」と述べ、海外のM&Aを積極的に推進する意向を示した。

 上場によって、社風が変わることを危惧する質問も記者団から飛んだが、「起業家精神の文化は保ち続ける」ことを強調した。

峰岸社長

峰岸社長

峰岸社長

会見後、報道陣に囲まれる峰岸社長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る